飲酒後のランニングは何時間あけるべき?効果はいつもと同じ?

飲酒後のランニングは何時間あけるべき?効果はいつもと同じ?

こんにちは。「BR」のユウです。

今回のテーマは「飲酒後のランニング」についてです。

 

社会人になると、どうしてもお酒の席が増えますよね。

あまり飲みたくなくても、会社の付き合いで仕方なく…という方も多いと思います。

しかし、運動に対してアルコールは良い印象はありませんよね。

 

お酒を飲んでから何時間ほどあければ走っても大丈夫なのか、またランニングの効果はちゃんと発揮されるのかについて詳しく見ていきたいと思います。

あわせて、運動後のお酒はどのような影響を及ぼすかについてもご紹介しています。

飲酒後のランニングはかなり危険。

お酒を飲んだ後に走っている方は結構多いようです。

彼らの心境としては、

・「またお酒を飲んでしまった…太らないようにしないと…」

・「運動したほうが早くアルコールが抜けるって聞いたぞ!」

という気持ちが強いのだと思います。

 

確かに、お酒を飲んでばかりだと太りやすくなるので、その分運動をして取り返したいという気持ちはよくわかります。

また、サウナに入ったり運動をして汗をかけばアルコールが抜けるという話もよく耳にしますよね。

しかし、これらの考えは間違っており、非常に危険なのです。

どうしてそんなに危険なのか、まずはその理由をよく知っておきましょう。

 

飲酒後のジョギングが危険な理由

お酒はまわりやすくなる

飲酒して運動をすると、アルコールが抜けると思われがちですが、逆にお酒のまわりが早くなります。

血液の循環が運動によって促進されるので、血中のアルコールが体にいきわたってしまうんですね。

また、運動をすることで肝臓に血液が集中せず、アルコールの分解は遅くなってしまいます。

 

お酒を飲んだ後は、自分では大丈夫と思っていても、身体は思うように動かずケガにつながる可能性が高くなります。

アルコールが抜けきっていない状態で運動するのは絶対にやめましょう。

 

脱水症状を引き起こす

お酒を飲むと、異様に喉が渇いたり、トイレが近くなったりします。

アルコールによって摂取した水分がどんどん排出されてしまい、身体の水分は失われていくのです。

この状態で汗をかくような運動をしたらどうでしょうか。

 

あなたの体からは益々水分が失われてしまい、脱水症状をひきおこすことになります。

お酒を飲んだ後、汗をかけばアルコールは抜けると思っているかたも多いですが、それは間違いです。

脱水症状を促進することにしかならないので、お酒が抜けていないうちは絶対にやめるようにしましょう。

 

血圧を上げすぎてしまう

運動をすると筋肉に大量の血液が運ばれるため、血圧が上がります。

これだけなら正常なのですが、アルコールにも血圧を向上させる働きがあるのです。

 

そのため、お酒を飲んだ後に運動をすると血圧が上がり過ぎてしまい、心臓などに負担がかかることになります。

とりわけ持病を抱えている方や年配の方は危険ですが、若い人でも体に悪影響であることは確かです。

この点からも、お酒を飲んでのランニングはオススメできません。

スポンサーリンク




飲酒後どのくらい時間を空けて走れば大丈夫なの?

では、飲酒後はどのくらい時間を空ければ走っても大丈夫なのでしょうか。

それには、「アルコールと分解の関係」「あなたの体質」をよく知ることが大事です。

まず、「アルコールと分解の関係」から詳しくご紹介いたします。

みんな知らないアルコールとその分解の関係

アルコールが分解されるまでの時間は、ある程度一般化されており計算で求めることが可能です。

計算式はちょっとややこしいですが、覚えておくと便利ですね。

 

まずは、1時間に「どれだけアルコールを分解できるかについては、

・体重(㎏)×0.1=アルコール分解量(g/1h)・・・①

という式があります。

例えば、体重60キロの方なら1時間に6gのアルコールを分解することができるという計算ですね。

体重が多いほど分解量が多いのは、それだけ血液の量に差があり、血液が多いほどアルコールが溶けて薄まるからと言われています。

 

そして、もう1つ必要な「どれだけアルコールを摂取したか」については、

・(アルコールの度数÷100)×水分量(ml)×0.8=純アルコール量(g)・・・②

となっており、ちょっとややこしいですよね…笑

解説しておくと、まずアルコールの度数は%で表示されているので、それを少数に直してから飲んだ水分全体の量にかけます。

(ちょうど、ものを買うときは消費税8%をそのまま使わずに、0.08を値段にかけると消費税分が計算できるのと一緒です。)

 

そのあと、全体に0.8をかけるのですが、これは水に対するアルコールの比重です。

アルコールは水に比べて少し軽いため、この値をかけることが必要となってきます。

(0.8はエタノールを基準として出している目安の値です。)

 

長くなりましたが、「1時間にどれだけアルコールを分解できるか(①)」と「どれだけアルコールを摂取したか(②)」が分かれば、アルコールの分解時間を求めることができます。

②を①で割ってあげれば、分解にかかる時間がでてきます。

 

例えば、体重60キロの方がアルコール度数5%のビールを500ml飲んだとします。

すると、②の計算式から0.05×500×0.8=20gというアルコール量を摂取したことになります。

先ほども求めたように、60キロの方が1時間に分解できるアルコール量は6gほどなので、この分解には3時間弱ほどかかることになりますね。

 

…意外と時間がかかりますよね。

また、注意点としてアルコールの分解にかかる時間は、摂取した量に比例します。

・「たくさんお酒を飲んでも、3時間くらいたてば大丈夫でしょ!」

と思っている方も多いですが、多くの量を飲んでいると分解に時間がかかり、体内にはアルコールが残っていることになります。

自分がどれくらいお酒を飲んだのかを把握するのは難しいですが、飲む前に逆算して目安を決めておくのがいいですね。

 

もちろん、これらの計算は平均的なもので、個人の体質にも大きく左右されます。

お酒に弱い方はこれより慎重になった方がいいですし、飲むお酒との相性も把握しておいた方がいいです。

そうすることで、あなたは何時間開ければランニングしていいのかが正確にわかるのです。

スポンサーリンク




まとめ

今回はランニングとお酒の関係について詳しく見てきました。

アルコールが抜けきっていない状態でのランニングやジョギングは非常に危険です。

アルコールの分解に要する時間を把握し、また自分の体質についてよく理解することで「何時間あければいいのか」がわかります。

少々面倒ですが、健康のためにもしっかり覚えておいてくださいね。

スポンサーリンク




未分類カテゴリの最新記事