古着を着こなせ!~ファッションに上手に古着を取り入れる方法~

      2016/03/05

古着の着こなし

変な顔

古着と聞くと、最初に私が思い描いたのは、やたらとオシャレな人が着ているもの

というイメージで、「自分なんかが着たらダサくなってしまうのでは・・・」と思ったり、

「そもそも古着屋に1人では入りにくいなあ・・・」と感じて、古着に手が出せませんでした。

私のように、古着に興味はあるけど手が出せないという方は多いのではないでしょうか。

 

・・・確かに全身古着でコーディネートというのはなかなかレベルが高いですし、私もそんなことはできません。

ですが、自分のファッションの中にさりげなく古着を取り入れると、オシャレな印象が増します。

以下では、古着の買い方のポイント、そしてオシャレに古着を着こなすちょっとしたコツをお伝えしていきます。

 

古着を買うポイント

 

安い上、他の人とは被らない豊富なデザインがあることが古着の魅力だと思います。

しかし、新品の服とは違い、買う時には気をつけなければならない点がいくつかあります。

 

まずは古着の買い方について。

大きく分けて、

①古着屋さんで購入する

②ネットで購入する

この二通りの買い方がありますが、いきなり古着屋に入るのはなかなか勇気がいるもの。

なので、古着を購入したことのない人には②のネット購入をオススメします。

安く買いたい方にオススメなのはヤフーオークションです。

ヤフオクでは多くの商品が探せますし、「本当にこんな値段で買っていいの!?」といったような掘り出し物も多く転がっています。

私もなかなかよいジャケットを100円で購入することができました。

賢く利用すれば、ヤフオク以上に安く服を買えるところは無いのではないでしょうか。

 

ただ、ネット購入では気をつけないとならない点もあります。

それは自分の服のサイズを把握しておくことと、商品の状態をしっかり確かめること

そして、送料をしっかりチェックすることです。

 

まず、ネット購入ではもちろん試着ができず、多くの場合返品も受け付けてくれないので、しっかりと自分にあった服のサイズを把握しておかなければなりません。

私の経験からは、MやLといったサイズだけでなく、着丈や身幅も大体は知っていた方がいいです。

同様にパンツを買うなら、腰回りや腿上までチェックした方が無難だと思います。

同じMサイズでも、メーカーによって実際のサイズはまちまちなんです。

せっかく買っても着れなかったら意味がないですからね。

 

次に、商品の状態はしっかりと確かめましょう。

奇麗なものも多くありますが、あくまでも古着なのでシミやほつれ、色あせなどの難があるものもたくさん出品されています。

写真だけでは分かりにくいところも多いので、商品の情報をしっかりと読むことをオススメします。

また、気をつけなければならないのが送料です。

いくら100円で落札できても、送料が2000円だった・・・なんてことになったら大損です。

送料は基本、服でも1000円以内に収まることが多いですが、出品者が配送方法を記載している場合は確認するようにしましょう。

落札するときは、商品の価格+送料=自分の予算

ということを忘れないように気を付けてください。

 

古着を着るポイント

 

無事に古着を購入できた後はコーディネートを考えましょう!

ここで重要なのはあくまでもさりげなく古着を取り入れることです。

全身古着コーデは上級者にしか難しいと思います。

まずは古着を1つ自分のファッションに取り入れてみるのがいいと思います。

 

たとえば、古着のジャケットにいつも着ているシャツを着て、ジーンズを合わせるだけでも大分印象が違います。

古着として出回っている服は落ち着いた、大人っぽい色合いのものも多いです。

そういった服に、フォーマルなものを合わせてしまうと、一歩間違えればおじさんみたいになってしまうのです。

ジーンズやスニーカーといったカジュアルなアイテム取り入れることで、固くなりすぎず、

オシャレな印象を与えることができます。

この、フォーマルなアイテムとカジュアルなアイテムのバランスを意識することもオシャレに服を着こなすポイントになります。

着こなし方がまだよくわからない・・・という方は、ネットで古着屋さんのブログや、個人でコーデを投稿している方の着こなしを参考にするのもいいと思います。

まとめ

腕組

古着をさりげなくとり入れることでみんなとは一味ちがったファッションを楽しめます!

徐々に慣れていけば、安くて個性的なファッションを楽しむことができますよ。

ポイントを押さえて、オシャレな古着生活を楽しみましょう!

 

 - 未分類 , , ,