難しい?遊戯王のルール~3つの召喚法とその特徴~

      2016/10/02

シンクロ召喚?エクシーズ召喚?なにそれおいしいの?

image

カードは手に入れたし、さっそくデュエルだ!

強いモンスターを召喚して、勝ちまくりたいぜ!

でも、

・召喚方法がよくわからない…

・シンクロ?エクシーズ?なにがどう違うの?

・それぞれの長所や短所って?

こんな方のために、

シンクロ・エクシーズ・融合の三つの召喚法

について詳しく見ていきたいと思います。

アニメ遊戯王アークファイブでもシンクロ・エクシーズ・融合の3つの次元が問題になってるし…

デュエリストならしっかり押さえておかないとな!

スポンサードリンク






 

シンクロ召喚  リミット・オーバー・アクセルシンクローォォー!

まずはシンクロ召喚からです。

アニメ、遊戯王5D’sから登場した召喚方法で、私は一番好きな召喚です!

シンクロ召喚では、チューナーと呼ばれるモンスターとそれ以外のモンスターのレベルを合計した

レベルを持つ、強力なモンスターを呼び出します。

基本は二体のレベルの足し算だと覚えておけばOKです!

image

例えば、上の画像では自分の場には、

チューナーモンスターの「青き眼の乙女」と、

非チューナーの「白き霊龍」がいます。

自分のスタンバイフェイズに二体を使ってシンクロ召喚を行います。

「青き眼の乙女」はレベル1

「白き霊龍」はレベル8

なので、二体の合計したレベル9のモンスターをエクストラデッキから召喚します。

(エクストラデッキはデッキとは別に用意できるモンスターカードです。)

image

シンクロの素材となった「青き眼の乙女」と「白き霊龍」は墓地に送られ、

強力な「青眼の精霊龍」を召喚することができました!

このように、チューナー+非チューナーでレベルの足し算を行うのがシンクロ召喚になります。

シンクロモンスターは白いカードです!

間違えないでくださいね。

シンクロ召喚のメリット

まずは強力なモンスターを召喚することができる点が挙げられます。

シンクロモンスターに限りませんが、エクストラデッキから召喚できる

モンスターは、強力な効果やステータスを持ったカードが多いんです。

 

また、シンクロモンスターは後述のエクシーズモンスターとは異なり、

フィールドに存在する限り、何度でも効果を使用できる点で勝ります。

毎ターン強力な効果を発動し、アドバンテージをとることができるんです。

 

シンクロ召喚のデメリット

シンクロ召喚はチューナーと非チューナーを使用し、しかもレベルを合わせることも必要なため、

デッキの構築を考えないとレベルが合わない、チューナーしかいない…などの問題が発生し、

シンクロできないという事態になる可能性が高いのがデメリットとして挙げられます。

とりわけ複数のレベルでのシンクロを行うデッキでは手札事故がおこりやすくなるので注意が必要ですね。

スポンサードリンク





エクシーズ召喚  レベル4が2体・・・来るぞ!遊馬!

エクシーズ召喚は同じレベルのモンスターを複数用意し、

その上にエクシーズモンスターを重ねて召喚するという召喚方法です。

image

上の画像をみると、自分の場には、

レベル4の「フォトン・スラッシャー」と

同じくレベル4の「星因士アルタイル」がいますね。

同じレベルのモンスターがいるので、この2体を素材にエクシーズ召喚を行います。

image

2体の上に重ね、エクストラデッキから、

ランク4「希望皇ホープ」をエクシーズ召喚することができました。

(シンクロ召喚とは異なり、エクシーズ素材は新たに召喚したカードの下に重ねます。)

エクシーズモンスターはレベルではなく、ランクを持ちます。

今回はレベル4のモンスターでエクシーズしたのでランク4のモンスターが召喚できました。

レベル5のモンスターなら、ランク5が

レベル6のモンスターなら、ランク6が…というように、

召喚に使用したレベルに応じたランクのモンスターを呼び出すことができるんです。

 

エクシーズ召喚のメリット

エクシーズ召喚のメリットは何よりも召喚しやすいことが挙げられます。

場に同じレベルのモンスターを2体以上用意すればいいだけで、

シンクロのようにチューナーを必要としないので容易に召喚することができます。

 

また、特に出しやすいランク4のエクシーズモンスターは非常に強力な効果を持っているカードが多いのも特徴です。

状況に応じて、様々なエクシーズモンスターで対応できるのが強みです。

 

エクシーズ召喚のデメリット

エクシーズはその強さゆえに、多くの人に使われる召喚方法ですが、

もちろん弱点もあります。

まずは、効果の発動回数に限りがあるということです。

エクシーズモンスターは通常のモンスターとは異なり、効果を使う場合には

自身のエクシーズ素材を取り除く必要があります。

(取り除かずに使えるものもありますが少数です。)

素材がなくなれば効果は発動できなくなってしまうので、効果の使用タイミングが難しいのがエクシーズです。

 

また、多くの人が使うゆえに対策がなされやすいのも特徴です。

例えば、「鳥銃士カステル」などの汎用エクシーズはどんなデッキにも使用される分、予測・対策がされやすいんです。

 

融合召喚   上に乗っただけって言わないでね・・・

融合は初代遊戯王からある召喚法で、その名の通り、

決められたモンスター2体以上を融合し、新たなモンスターを召喚します。

image

上の画像では、自分の場の、

「ジェムナイト・ラピス」と「ジェムナイト・サフィア」に

「融合」の魔法カードを発動させ、融合召喚を行います。

image

2体のモンスターと「融合」のカードを墓地へ送り、

融合モンスター「ジェムナイト・ジルコニア」を召喚できました。

 

融合召喚のメリット

シンクロやエクシーズは場にモンスターがいるときしかできませんが、

融合召喚は手札からも行うことができます

モンスターを召喚する手間無く、召喚できるのが強みですね。

最近は「融合」カードだけではなく、様々な専用「融合」カードや

強力なサポートカードが登場し以前よりも格段に融合召喚が行いやすくなっています。

 

融合召喚のデメリット

シンクロ・エクシーズに比べて消費するカードの枚数が多いです。

最低でも、「融合」カードとモンスター2体の3枚が必要になります。

 

また、「融合」カードが手札にないと融合召喚はできないため、

「融合」をサーチする手段がないと手札事故を起こしやすいという

デメリットもあります。

 

まとめ

image

いかがだったでしょうか?

シンクロ・エクシーズ・融合のそれぞれの召喚方法と、

そのメリット・デメリットについてまとめてきました。

やはり、エクシーズ召喚が一番手軽に行えて強いと思いますが、

シンクロや融合にも闘い方はあります。

自分のカードを活かす戦術を考えていくことが一番大切なんです。

 

自分のお気に入りのカードを召喚できるだけでワクワクしてきます。

君もお気に入りのモンスターを召喚して、デュエルを楽しもうぜ

スポンサードリンク





 - 遊戯王 , , ,