メルカリでカードを売るコツ〜出品時の注意点〜

      2016/10/02

遊戯王カードでお心遣い稼ぎ

image

こんにちは。

私はよく、不要な遊戯王カードを売ってお心遣いの足しにしています。

使っているのはメルカリ

日々多くのカードが取り引きされているフリーマーケットアプリです。

もうかれこれ60件以上は遊戯王カードをメルカリで売り、その収益はおよそ2万3000円ほどになりました。

メルカリでどのようにすれば不要なカードを売ることが出来るのか、どうすれば売上が上がるのかについて書いていきたいと思います。

スポンサードリンク





相場を調べる

他の人よりも高い値段で売っていては誰も買おうとは思いませんよね。

カードを売ろうと思ったらまずはその相場を調べることが必要です。

でも、どうやって調べればいいのか?

 

…実は、メルカリでの相場の調べ方はとても簡単なんです!

例えば、「モリンフェン」を売りたいと思います。

この時、商品検索で「モリンフェン」を調べて下さい。

そうすればメルカリ内で出回っている簡単な「モリンフェン」の値段が表示されます。

大体似たり寄ったりの値段になっているのでそれを踏まえて、高すぎず安すぎずの値段を設定するようにしましょう。

 

また、少し安くなってもいいからカードを売り切りたいという方は、商品検索のあと、詳細検索で売り切れのカードを検索してみて下さい。

すると、実際に売れたカードの値段を知ることができるので、その価格で設定すれば買い手がつく可能性が高まるのです。

 

写真を撮る

カードの相場がわかったら写真を撮って商品説明を書きましょう。

この時、1番大事なのは写真うつりだと思います。

メルカリを覗いても、写真が酷い商品がゴロゴロあります。

いくら実物が美品でも、写真うつりが悪いと商品を買おうという人はいないと思います。

面倒かも知れませんが、光の反射なども考慮してカードが綺麗にうつるように心がけて下さい。

 

また、複数枚カードを出品するとき、写真を撮るとどうしても一部分だけうつらないことがあります。

この場合は何枚かに分けて写真を撮り、全てのカードがしっかりと見れるようにした方がよいと思いますし、好感がもてます。

面倒なことをしっかりとやっている人は信頼され、売上アップにつながるんです。

 

商品の説明をしっかりと

写真を撮り終わったら商品の説明をキチンと書きましょう。

毎回書くのが面倒な人はテンプレートを用意しておくのも良いと思います。

よく一言しか商品説明を書いていない方を見かけますが、私はそんな人を信頼することはできません。

商品説明がキチンと書いてあれば信頼され、結果商品も売れていきます。

相手の立場に立ち、丁寧な説明をするように心掛けてください。

 

また、商品をとにかく売りたい方は配送までの日時を短く設定するのも一つの手です。

同じ値段の同じ商品でも、買い手は早く自分の手元に届いて欲しいと思っています。

なので配送までの期間が短いほど商品が良く売れる傾向にあるのです。

ただ、支払いから1〜2日で配送と記載しているにも関わらず、5日後に配送したりしたら自分の評価は下がってしまいます。

あくまでも自分に可能な範囲で配送までの日にちを設定してくださいね。

スポンサードリンク





売れなかったら再出品

今まで書いてきたことを心掛けていても商品が売れないという場合もあります。

その場合は相場や写真うつり、商品説明を見直した方が良いかもしれません。

それでも売れないという場合は根気強く待つことも必要です。

 

ただ、ずっと出品をしていると検索した時に下の方に表示され、買い手の目にとまらないなんてことにもなりかねません。

出品期間が長くなった場合は再出品をして、買い手が検索したとき、目にとまるようにすることも大事です。

 

また、単独で売れないカードも他のカードとセットにすることで売れる場合もあります。

とりわけ、デッキパーツなどは売れやすいですし、割と高値になることもしばしば。

売れない商品はまとめ売りにしてみるというのも効果的だと思います。

 

まとめ

カードといえども商品ですし、相手の顔が見えなくても生身の人間と取り引きをしているということを忘れないでください。

相手の立場に立ち、どんな対応をすれば失礼にならないか、どんな情報を求めているのかをよくよく考えていけば、自然と売上は上がっていきます。

面倒くさがらずに丁寧な対応を心掛けましょう!

そうすれば結果はついてきますよ!

スポンサードリンク





 - メルカリ, 遊戯王 ,