ストラクチャーデッキ武藤遊戯と海馬瀬人が発売決定!

      2016/10/02

新規ストラクは遊戯と海馬!

こんにちは。

6月18日に新規ストラクチャーデッキ、武藤遊戯編と海馬瀬人編が発売されます!

劇場版遊戯王の公開とも併せて、遊戯や海馬のデッキが発売されるのは非常に嬉しい!

(劇場版で使用したカードではないものがメインですが…)

 

かつてはストラクチャーデッキと言えば、キャラクターの使用したカードを集めただけで、実戦に耐えうるものではありませんでした。

しかし、今作のストラクチャーデッキは懐かしのカードを再録しつつ、新規カードと組み合わせてある程度戦えるだけのチカラがあると思います!

どんなカードが収録されるのか、新規の目玉は何か、早速見ていきましょう!

スポンサードリンク





(海馬編もまとめるつもりだったけど、遊戯編が長くなったので、別記事にするぜ…)

ストラクチャーデッキ-武藤遊戯

image

遊戯編はマグネット・ウォリアーを使用した合体モンスターが今回のメインとなっています。

原作でも使用されたマグネット・バルキリオンたちに加えて、新規のマグネット・モンスター達が登場するんです!

以下、マグネットモンスターを見ていきましょう!

 

電磁石の戦士α

効果モンスター
星3・地属性・岩石族
「電磁石の戦士α」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキからレベル8の「磁石の戦士」モンスター1体を手札に加える。
②:相手ターンにこのカードをリリースして発動できる。デッキからレベル4の「マグネット・ウォリアー」モンスター1体を特殊召喚する。

ATK1700/DEF1100

 

電磁石の戦士β

効果モンスター
星3・地属性・岩石族
「電磁石の戦士β」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「電磁石の戦士β」以外のレベル4以下の「マグネット・ウォリアー」モンスター1体を手札に加える。
②:相手ターンにこのカードをリリースして発動できる。デッキからレベル4の「マグネット・ウォリアー」モンスター1体を特殊召喚する。

ATK1500/DEF1500

 

電磁石の戦士γ

効果モンスター
星3・地属性・岩石族
「電磁石の戦士γ」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。手札から「電磁石の戦士γ」以外のレベル4以下の「マグネット・ウォリアー」モンスター1体を特殊召喚する。
②:相手ターンにこのカードをリリースして発動できる。デッキからレベル4の「マグネット・ウォリアー」モンスター1体を特殊召喚する。

ATK800/DEF2000

 

電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン

特殊召喚・効果モンスター
星8・地属性・岩石族
このカードは通常召喚できない。
自分の手札・フィールド・墓地から「電磁石の戦士α」「電磁石の戦士β」「電磁石の戦士γ」を1体ずつ除外した場合に特殊召喚できる。
①:自分の墓地からレベル4以下の「マグネット・ウォリアー」モンスター1体を除外し、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。
②:このカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合、除外されている自分の「電磁石の戦士α」「電磁石の戦士β」「電磁石の戦士γ」を1体ずつ対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

ATK3000/DEF2800

 

以上が新規のマグネット・ウォリアーたち。

「電磁石の戦士」は「エレクトロ・マグネット・ウォリアー」と読むそうです。

三体の電磁石の戦士が合体したマグネット・ベルセリオンは墓地・手札・フィールドどこからでも三体を除外すれば特殊召喚が可能な強力モンスター。

電磁石の戦士は自身を墓地に送り、磁石の戦士を場に揃えつつ、墓地から除外してベルセリオンを展開すれば無駄が無いですね。

また、マグネット・ベルセリオンとマグネット・バルキリオンをさらに合体させ、より強力なモンスター、「超電導戦機インペリオン・マグナム」を召喚することが出来ます。

 

超電導戦機インペリオン・マグナム

融合・効果モンスター
星10・地属性・岩石族
「磁石の戦士マグネット・バルキリオン」+「電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン」
このカードは上記のカードを融合素材とした融合召喚でのみ特殊召喚できる。
①:1ターンに1度、相手がモンスターの効果・魔法・罠カードを発動した時に発動できる。その発動を無効にし破壊する。
②:表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。「磁石の戦士マグネット・バルキリオン」「電磁石の戦士マグネット・ベルセリオン」1体ずつを手札・デッキから召喚条件を無視して特殊召喚する。

ATK4000/DEF4000

 

攻守ともに4000で、相手の効果を無効化する能力、さらにフィールドを離れた時にベルセリオンとバルキリオンをフィールドに呼び出す能力と、超強力なモンスターです。

融合代替モンスターは使用出来ませんが、融合徴兵などにも対応しているところはイイですね!

 

…書いてて思ったけど、

このカード普通に、強いな…

使ってみたくなってきたぞ…ざわざわ

 

また、マグネット・モンスターのサポートカードと登場することが判明しています。

 

マグネット・コンバーション

通常罠
①:自分の墓地のレベル4以下の「マグネット・ウォリアー」モンスターを3体まで対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。
②:墓地のこのカードを除外し、除外されている自分のレベル4以下の「マグネット・ウォリアー」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 

このカードによって磁石の戦士を回収し、マグネット・バルキリオンに繋げることが容易になりましたね。蘇生効果もイイ感じ!

 

また、フィールド魔法も登場します。

マグネット・フィールド

フィールド魔法
「マグネット・フィールド」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドにレベル4以下の岩石族・地属性モンスターが存在する場合、
自分の墓地のレベル4以下の「マグネット・ウォリアー」モンスター1体を対象としてこの効果を発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
②:1ターンに1度、自分の岩石族・地属性モンスターの戦闘で相手モンスターが破壊されなかったダメージステップ終了時に発動できる。その相手モンスターを持ち主の手札に戻す。

墓地からのマグネット・ウォリアーを蘇生する効果、そして相手モンスターをバウンスする効果と、なかなか強力なフィールド魔法のサポートも受けられます。

マグネット・ウォリアーには「岩投げエリア」も採用できますが、こちらのフィールド魔法もイイ感じですね!

 

ちなみに、マグネット・ウォリアーのサポートカードは6月4日発売の「デュエリストパック-王の記憶編-」にも収録されます!

ストラクチャーデッキとも相性はいいですし、ここで紹介をしておきたいと思います!

 

登場するのは二枚のサポートカード。

マグネット・フォース

通常罠
①:このターン、元々の種族が機械族または岩石族のフィールドのモンスターは、自身以外の相手モンスターの効果を受けない。

 

マグネット・リバース

速攻魔法
①:自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、機械族または岩石族の通常召喚できないモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

 

アニメで遊戯が闘いの儀で使用したカード。

マグネット・ウォリアーの合体・分離を繰り返し、オシリスの召雷弾を弾き返して、アテムの繰り出した三幻神を全て破壊するという、社長もびっくりのコンボを披露しました。

特にマグネット・リバースはベルセリオンやバルキリオン、そしてインペリオン・マグナムも蘇生可能という驚きのカードです。

除外ゾーンからも特殊召喚が可能なので、相手の意表を突いた展開が狙えそう…

 

まとめ

ストラクチャーデッキ-武藤遊戯の基本戦術はマグネット・モンスターを展開、強力なマグネット合体モンスターを召喚していくことにあると思います。

また、ランク4エクシーズや、ランク3のゴルゴニック・ガーディアンも狙えるデッキなので戦術に幅をもたせることも出来ますね!

このストラクにはブラック・マジシャンやブラック・マジシャンガールといったような遊戯の代名詞となるカードも多数収録されるようですが、今回のストラクを使ってデッキを作るなら、マグネット・ウォリアーを中心に据えた構築にするのが良いでしょう。

 

思ったより記事が長くなってしまったので、海馬編はまた別記事にしたいと思います!

すまんな!

 

スポンサードリンク




 - 遊戯王 ,