オーバーロードフュージョンが高騰したのはなぜ?混沌巨人の影響かな?

   

「オーバーロードフュージョン」がどんどん値上がり。

こんにちは。

オーバーロードフュージョンが値上がりしていると言うので調べてみたところ、本当に高騰していました。

メルカリでは、1枚300~400円ほど、3枚セットで1111円ほどの値段が付いていました。

これはおそらく、今度発売されるストラクチャーデッキの影響だと思われます。

スポンサードリンク



大体、新しいテーマが出たり、既存のテーマが強化されたりするとそれと相性のいいカードが値上がりしますね。

今回も既存テーマ「古代の機械」の強化がなされるから値上がりしていると簡単に言うこともできますが、細かく見ると他にも理由はありそうです。

以下、詳しく見ていきましょう。

 

理由①:「古代の機械混沌巨人」と相性が良すぎ。

まずは理由として挙げられるのは、レイジング・テンペストに収録される、「古代の機械混沌巨人」と「オーバーロードフュージョン」の相性が良いからです。

まずは、判明したテキストを見てみましょう。

 

・「古代の機械混沌巨人」
レベル10・闇属性・機械族・融合・効果
「アンティーク・ギア」モンスター×4
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードは魔法・罠カードの効果を受けず、相手はバトルフェイズ中にモンスターの効果を発動できない。
②:このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃でき、守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

ATK4500/DEF3000

攻撃力は究極竜と並ぶ4500

まさに「力こそパワー」を体現したモンスターですね。

魔法・罠の効果は受け付けず、相手のモンスター効果もバトルフェイズ中は封じることができます。

しかも、おまけとばかりに貫通能力も持っている大型モンスターです。

このカード、強いのですが素材が「アンティーク・ギア」モンスター4体とかなり重い

その問題を解消してくれるのがオーバーロード・フュージョンなのです。

 

・「オーバーロード・フュージョン

通常魔法
自分フィールド上・墓地から、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターをゲームから除外し、機械族・闇属性のその融合モンスター1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。

このカードによって墓地から4体の「アンティーク・ギア」モンスターを取り除くことで「古代の機械混沌巨人」を簡単に召喚することができるのです。

これはお手軽ですよね!

 

理由②:再録されなかった。

「オーバーロードフュージョン」が値上がりした別の要因は、今回のストラクに再録されなかったことです。

「古代の機械」デッキを作ろうとする人たちは今回のストラクを購入することになり、「古代の機械混沌巨人」が判明しているので「オーバーロードフュージョン」も当然採用候補となります。

しかし、今回のストラクには再録されず、それでも必要なカードだから…という判断がなされ、じわじわ値段が高騰していったと考えられます。

 

でもここで考えてほしいのが、

本当に必要なカードなのか?

ということです。

 

今までも新しいカード・ストラクが発売されるたびにカードの高騰がありました。

しかし、「これは相性がいい!」と言われていたカードも、蓋を開けてみるとほとんど使われなかったということが多いです。

1例を挙げると、ABCデッキが出始めた頃、「こけコッコ」が妙に高くなっていきました

シンクロ召喚も行えて強い!と言われており、確かに最初の方は大会でも使用されていましたが、だんだんと使われなくなっていきました。

 

勿論、個人レベルでの使用はあると思いますが、あくまでも大会・環境で必要かどうかということです。

最近は無駄にカードの高騰が起こっている気がします。

今回の「オーバーロードフュージョン」はどうなのでしょうか?

ぜひ皆さんも考えてみてくださいね。

なぜ闇の護封剣は高いの?高騰の理由と使い方を解説するよ!

スポンサードリンク



 - 遊戯王