藤田ニコルと田中美奈子が台湾ツアーへ。激安の旅行だけど、満足できるのか?

   

最安の台湾ツアーへ。

image

藤田ニコルさんと田中美奈子さんが、テレビ「有吉ゼミ」の企画で激安の台湾ツアーに挑みます。

そのお値段が何と、19800円というから驚き。

番組によると、これは最安クラスのツアーになるそうです。

台湾と言えば、近いとはいえ外国ですが、そこまで約2万円で行けるというのはすごいですね。

私も一度ツアーで台湾旅行に行ったことがありますが、その時は現地での食費・滞在費を入れて、2泊3日で大体5万円ほどかかったと記憶していますから、今回のツアーはかなり安いですね。

 

さて、台湾と言えば多くの日本人が観光に訪れていますが、こんな格安のツアーで本当に満足できるのでしょうか

台湾旅行の実態と、見所・食べ物について私の経験から書いていきたいと思います。

スポンサードリンク



・自由行動はできるのか?

「ツアー」と聞くと、タイトなスケジュールの中、団体で観光名所を巡って行く…というのをイメージする人も多いかと思いますが、今ではかなり自由のきくプランも多くあります。

調べてみると、大体2泊3日の場合だと、1日目に台北に移動し2日目の朝~3日目の夕方ぐらいまでが自由に行動できるというプランが多いようです。

 

旅行会社は本当に、飛行機と宿泊場所の手配ぐらいしか登場しないんですね。

私が台湾に行った時もこのようなスケジュールで、自分が見たいものを見て、食べたいものを食べることができました。

安いツアーでも自由が利いて非常にやりやすかったですね。

藤田ニコルさんと田中美奈子さんもこのような形式のツアーに参加するのでしょうか。

 

・どこを見るべき?

さて、台湾と言えば人気の観光地は多くあります。

特に一番有名と言ってもいいのが「故宮博物院」です。

ここは台北市内からだと電車とバスを使っていくことができます。

 

一度は行ってみても損は無いと思いますが、ここに置いてある目玉の「豚の角煮みたいな石」と「白菜みたいな石」は正直、実物を見てもあまり感動はありませんでした。

古い書物や仏像なども展示されていましたが、説明の文字が読めずなんか良くわからないまま終わってしまった…という印象があります。

 

他に人気スポットとして知られているのは「千と千尋の神隠し」の舞台となった九份も人気のスポットとなっています。

image

私としては博物院よりもこちらの方が面白かったですね。

本当に千と千尋の世界に入り込んだかのような幻想的な光景が広がっていました。

 

難点としては、バスの移動の仕方がよくわからないということと日本人観光客が多すぎることが挙げられます。

バスの運転手さんは英語が通じず、何を言っているのかまったくわかりませんでした。

また、ここに行くと聞こえてくるのは本当に日本語ばかり

せっかく観光地に来たのにそんな感じがしない…と少しがっかりしてしまいます。

 

悪い点も併せて挙げましたが、台湾は公共交通機関の料金が非常に安く、移動費がそんなにかからないので、時間さえあれば一度は訪れてみた方がいいと思います。

 

・食べ物は?

台湾に行って本当に感動したのが、食べ物がおいしいということでした。

中には独特な味付けのものもありましたが、全体的に日本人好みの味になっていると思います。

 

治安もそんなに悪くはないので、「夜市」に行って色々と味わってみましょう。

image

image

独特なものが売っていて、活気がありなかなか楽しいところでした。

 

私が特に印象深かったのは、マンゴーのかき氷でした。

image

ふわふわのかき氷に、マンゴーの果肉をこれでもかとトッピングし、その上からマンゴーソースをかけた非常に濃厚なものでした。

日本では食べられないのではないでしょうか?

ここでの食事の値段は日本よりも若干安いかな…といったくらいだったと思います。

 

・困った点

台湾で困ったのは、その暑さとトイレでした。

 

暑いのはもちろんのこと、湿度の高さが半端なかったです。

服が肌にくっついてくる感じがとても気持ち悪かったのを覚えています。

 

また、トイレは日本のように紙を流してはいけないようになっており、備え付けられてあるゴミ箱に捨てなければならないというのも抵抗がありました。

 

こういった気候や文化の違いは困りましたが、それ以外は特に問題も起きず、快適に過ごすことが出来ました。

全体的にみれば、台湾ツアーは大満足だったと思います。

 

・まとめ

image

安くても、台湾に行ってしまえばこっちのもの。

工夫次第で大満足の旅行にすることは十分可能です。

特に、観光地を巡るのはわずかなお金ですることができますね。

 

しかし、しっかりとした食事を取っていくと費用はかさんでいくと思います。

日本で食事するのと大差は無いとは思いますが、台湾名物の火鍋や夜市の料理など、美味しいものが目白押しの台湾ではついつい財布のひもが緩んでしまいます。

現地の料理をしっかり味わいたい方はそのことも考慮して余分にお金を持っていきましょう。
スポンサードリンク



http://onxxword1.com/2016/09/24/狩野英孝、林家たい平に落語を習う。噺の難しさ/

 

 - ニュース・話題