レイザーラモンHGは絵が上手!?プレバトで野村重存先生を唸らせ特待生に!

      2016/10/27

HGは絵がうまい・・・?

こんにちは。

以前放送されたテレビ番組、「プレバト」でレイザーラモンHGが才能を発揮したようです。

HGと言えば、「フォ~~~」とか「セイセイセイ~」しか頭に浮かばなかった私にとっては驚きでしたが、メチャクチャ絵がうまいんです。

デッサンした絵も公開されていましたが、本当に上手で、美術の先生よりも上手いんじゃないかコレ?…というレベルでした。

以前はテレビでもよく見かけていましたが、最近はテレビに映る機会もなく何をやっているのか分かりませんでした。

調べてみると、奥さんに支えられながら、絵を描いたりモデルとしても活躍しているようですね。

スポンサードリンク



 

さて、そんなレイザーラモンHGの絵ですが、素人目には「とってもうまいなー」ぐらいにしか違いがわからなかったのですが、プロの目から見てもものすごく上手だったようです。

 

・「プレバト」で野村重存先生がベタボメ。

というのも、「プレバト」の中で野村重存先生からべた褒めされていたんです。

この野村重存先生という方は、デッサンや水彩画の講師として活躍されているだけでなく、NHKの番組にも出演して絵の指導をしています。

また、本人の腕も凄く、最近では個展を開いたりもしているそうです。

 

「プレバト」という番組は、抜き打ちテストを行い、芸能人は本当に才能があるのかを調べると言う番組なのですが、野村重存先生はその中の「水彩画の才能査定ランキング」を担当。

芸能人たちの絵の添削だけではなく、先生の描くお手本も大好評になっていますね。

 

9月1日の放送回では、ベックさんとHGの絵が先生から特に褒められたのですが、ベックさんの絵は雲の描き方について改善した方がいいという指摘が入ったのに対し、HGの作品は先生に「一目見ただけで特待生に決めた。」と言わしめた素晴らしいものでした。

(この番組では、講師の方に特に才能があると認められると、特待生という認定をもらえます。)

レイザーラモンHGの才能は、プロをも唸らせるものだったんですね

人は見かけでは判断できないということか…

 

・次回のプレバトは激戦必至!?

しかし、次回のプレバトでは「腕に覚えのあるツワモノ」達が続々と出演します。

水彩画を勉強していたという水戸なつめさんや、漫画家志望だった山地まりさんなど、イラストを得意とするゲストがHGの前に立ちはだかります。

また、麒麟の川島さんがHGに対して対抗心を燃やしているそうです…

川島さんは自作のパラパラ漫画も作っており、絵心はだいぶあるのではないでしょうか。

手ごわそうなライバルが多い中、以前のように高評価を得ることができるのか楽しみなところです。

 

しかも、HGにとって怖いのは「特待生」という肩書きそのものです。

プレバトではすばらしい作品・才能を認められれば「特待生」として評価してもらえますが、その後はこの地位を維持しなければなりません

つまらない凡ミスなどをしてしまうと、「特待生にはふさわしくない」と判断されてしまい、ランクが下がってしまうのです。

 

つまり、レイザーラモンHGはこれからテレビに映るためにも、良い作品を描き続けなければならないのです。

ライバルやプレッシャーと闘いながら、次はどんな作品をみせてくれるのでしょうか。

次回のHGの作品に注目です!

スポンサードリンク



 - ニュース・話題, 未分類