蓮舫議員の動画の感想。「ブーメランの女王」ってどういう意味?

      2016/10/02

蓮舫さんのパロディ動画が話題に。

こんにちは。

蓮舫さんのパロディ動画がYouTubeにアップされて話題になっています。

それも、「もしも蓮舫議員の二重国籍問題を蓮舫議員が追求したとしたら(笑)ーブーメランの女王はガソリーヌでなく私よ」というタイトルがつけられています。

 

この動画では、蓮舫さんの二重国籍にわたる問題に対する弁明・謝罪についてをオモシロおかしく編集したものです。

蓮舫さんといえば、切れ味鋭い厳しい追及が持ち味。

以前は「2位じゃダメなんですか?」の言葉も有名になりましたね。

そんな蓮舫さんが蓮舫さんを批判したらどうなるのかというのを見事な編集で表現しています。

全部で15分近くある動画なので全部見るのは大変ですが、一部でも見てみるといいと思います。
スポンサードリンク



ブーメランの意味。

この動画のタイトルにもなってる「ブーメランの女王」とはどんな意味でしょうか。

「ブーメラン」とは投げても手元にもどってくるものですよね。

ちょうどそのように、自分の発言が自分に返ってくることを「ブーメラン」と呼ぶのです。

 

蓮舫さんはいままで鋭い批判を他の議員たちに浴びせてきましたが、その批判が自分にもあてはまるということをこの動画ではつたえているのでしょう。

例えば、国籍のことに対して「週刊誌報道は事実かどうか確認したか」という問いかけがあり、それに対して「今そういうウワサは…」と少し口ごもる蓮舫さん。(いや、どっちも蓮舫さんなんだけど…)

YESかNOかで答えろ!という姿勢で他人を批判していたのに対し、第一声はあいまいとも言えるものになってしまっています。

スポンサードリンク




また、他の議員に対して「人を指差すのはどうかと思う」と批判していましたが、映像ではバッチリ蓮舫さん自身が指を指していて、思わずクスッときてしまいました。

 

このように、蓮舫さんの批判は蓮舫さん自身にもあてはまるというものになってしまっています。

切れ味のある批判は大変良いと思うのですが、指摘の通り、蓮舫議員はもっと自分の姿を見た方がいいのかもしれません。

 

・この動画はどうなんだろうか

%e3%81%82%e3%82%84%e3%81%97%e3%81%84%e3%81%8f%e3%82%82

この動画の作成者はどうも蓮舫さんに対して相当な反感を抱いているようです。

蓮舫さんに騙されるなといったことも書いています。

おもしろおかしく蓮舫さんの批判をしているのはいいのですが、少し蓮舫さんを貶めていすぎではないかと感じました。

蓮舫さんの厳しい批判をこの方は動画で批判しているわけですが、この動画は蓮舫さんに対する厳しすぎる批判になっているのではないでしょうか。

ブーメランというタイトルが付いていますが、同じことがこの動画にもあてはまるのではないかと感じました。

 

今回の2重国籍の件で蓮舫さんに問題があったことは事実ですが、彼女は優秀な議員だと思います。

私は、不味かった点を反省して次に活かしてくれればよりよい政治が実現すると思うのですが…

他人の問題点をやり玉にあげて、悪口を言い続けることは果たして必要なことなのでしょうか。

 

批判は難しい。

今回の動画で考えさせられたのですが、他人の批判はやはり難しいものです。

もちろん、政治は常によりよい方向へ改善していくことが求められますから、そこには批判が付きものです。

しかし、私たちはむやみやたらに人を批判してはなりません。

 

人を批判すれば、当然、その相手から悪く思われます。

悪く思われれば、その相手は自分の立場を揺るがす存在にもなりかねません。

今回の蓮舫さんの問題も突如上がってきましたが、これは蓮舫さんを良く思っていない人たちが引き起こしたのではないか…と私は思います。

批判するにしても、言い方・伝え方は十分に考慮する必要がありますね。

スポンサードリンク



 - ニュース・話題