月亭八光の妻SHINOは元モデル?ポッチャルSHINOってどういう意味?

      2016/10/27

月亭八光の嫁が話題に。

こんにちは。

みなさんは「月亭八光さん」を知っているでしょうか。

関西方面では知らない人がいないくらいの有名人なのですが、関東のかたはあまり馴染みがないかも知れませんね。

簡単に月亭八光さんを紹介しておきます。

 

月亭八光さんは落語家である父の月亭八方さんに弟子入りし、自らも落語家になりました。

「父親に頼りすぎ」と呼ばれたり、接待をしまくることから「太鼓持ち芸人」として揶揄されていますが、関西での知名度はバツグン。

レギュラー番組を何本も持っている、「やり手」なんです。

最近では番組の企画で家を建てていましたが、それも凄く立派なもの。

やっぱり儲かっているみたいですね…

 

さて、そんな月亭八光さんですが、今回注目したいのはその妻、SHINOさんについてです。

このSHINOさんは一体どんな人物なのか、また、子供たちの情報についてもまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク




月亭八光の子供たちの名前も話題に。

月亭八光さんやSHINOさんは有名なのですが、それと同時に、子供たちの名前も話題になっています。

月亭夫妻には二人の子供がいるのですが、その子供たちの名前が変わっているのです。

 

二人とも女の子で、長女はここあちゃん、次女はあいすちゃんと言います。

賛否両論あると思いますが、これはいわゆる「キラキラネーム」というものではないでしょうか。

でも最近ではこういった名前の子供たちも多くなってきていますよね。

もしかすると何十年後かには普通になるのかもしれません…

スポンサードリンク




月亭八光の妻、SHINOさんはどんな人?

さて、二人のお子さんのお母さんでもある、SHINOさんはどういった人なのでしょうか。

 

SHINOさんは短大を卒業後は銀行員として働いていましたが、銀行を辞めモデルに転身しました。

その後、「ごきげん!ブランニュ」という番組に出演したのをきっかけにして、月亭八光さんと知りあい、結婚。

結婚後は激太りしたのですが、「ごきげん!ブランニュ」ではぽっちゃりアイドル「ポッチャルSHINO」としてたびたび出演していました。

「ポッチャル」というのはぽっちゃり+アイドルということなのでしょうね。

 

自分が太ってしまったこともネタにしており、同番組内では「夫の月亭八光より体重が重くなった」ということも明かしていたようです。

モデルをやっていたという事実はなかなか知られておらず、どちらかというと「ポッチャルSHINO」としての明るい姿で世間には知られているようです。

明るいキャラで、評判もいいみたいですね。

 

月亭八光さんは人気があり世渡り上手な一方で、「落語家としてはダメ」とか「面白くない」といった評価も目につきます。

私としてはそれも八光さんのキャラクターだし、しっかりと家族を養えているのだからいいのでは…と思うのですが、奥さんのSHINOさんの立場になれば、そんなことを聞きたくはないですよね。

 

今度放送される「しゃべくり007」では彼女のことにフォーカスするようです。

月亭八光さんを陰から支え、明るくふるまうSHINOさんの苦労や本音が語られるかもしれないので楽しみですね!

 

スポンサードリンク




 - ニュース・話題