遊戯王、ユーリデッキの組み方。融合モンスター捕食植物キメラフレシアが強い!

      2016/11/21

「捕食植物」の融合モンスターたち。

こんにちは。

前回は「捕食植物」の下級モンスターと魔法カードについてその効果を考察しました。

今回は、融合モンスターの効果を考察し、「捕食植物」デッキに相性がいいカードをいくつかピックアップしたいと思います。

まずは、どんな融合モンスターが考えられるか見ていきましょう。

スポンサードリンク




「ユーリデッキ」の融合モンスターたち。

 

・「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン

レベル8・闇属性・ドラゴン族・融合・効果
トークン以外のフィールドの闇属性モンスター×2
①:このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。相手フィールドの特殊召喚されたモンスター1体を選び、その攻撃力分だけこのカードの攻撃力をターン終了時までアップする。
②:1ターンに1度、相手フィールドのレベル5以上のモンスター1体を対象として発動できる。ターン終了時まで、このカードはそのモンスターと同名カードとして扱い、同じ効果を得る。
③:融合召喚したこのカードが破壊された場合に発動できる。相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。ATK2800/DEF2000

言わずと知れたユーリの切り札モンスター。

相手のモンスターの攻撃力を自身に加えたり効果をコピーしたりと相手に依存した効果ですが、多くのモンスターを倒せます。

また、墓地に送られた際にも相手モンスターを破壊していくという恐ろしい子です。

 

ネックなのはその融合条件の縛り

手札・墓地からは素材を選ぶことができません。

しかし、これは新たな捕食植物、サンデウ・キンジーが登場したことでかなり解消されたといえます。

新規カードでより出しやすくなったんだぜ…

 

・「捕食植物キメラフレシア

レベル7・闇属性・植物族・融合・効果
「捕食植物」モンスター+闇属性モンスター
①:1ターンに1度、このカードのレベル以下のレベルを持つフィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを除外する。
②:このカードが相手の表側表示モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。ターン終了時まで、その相手モンスターの攻撃力は1000ダウンし、このカードの攻撃力は1000アップする。
③:このカードが墓地へ送られた場合、次のスタンバイフェイズに発動できる。デッキから「融合」魔法カードまたは「フュージョン」魔法カード1枚を手札に加える。ATK2500/DEF2000

フュージョン・エンフォーサーズで新たに登場するモンスター。

①の効果は「捕食カウンター」と組み合わせれば簡単に条件を達成することができます。

最近は破壊耐性を持つモンスターも多く存在していますが、このカードはモンスターを除外してしまうのでメチャクチャ強力です。

 

②の効果のおかげで大半のモンスターを戦闘破壊することもでき、更に墓地に送られると「融合」カードを手札に持ってくることができます。

普通に「融合」を持ってきてもいいし、「超融合」を持ってくることもできるので非常に使い勝手のいい効果だと思います。

 

・「グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン

レベル10・闇属性・ドラゴン族・融合・効果
「捕食植物」モンスター+元々のレベルが8以上の闇属性モンスター
このカードは融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。
①:1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。ターン終了時まで、そのモンスターの元々の攻撃力は0になり効果は無効化される。
②:このカードが破壊され墓地へ送られた場合に発動する。フィールドのモンスターを全て破壊する。その後、自分の墓地のレベル8以上の闇属性モンスター1体を除外してこのカードを墓地から特殊召喚できる。ATK3300/DEF2500

スターヴくんが進化した姿。

相手のモンスター効果を無効化したうえ、攻撃力も0にしてしまいます

スターヴは相手に依存する効果でしたが、こちらの方が広い範囲で相手モンスターを弱体化することができますね。

 

破壊された場合はフィールドを一掃しますが、墓地にレベル8以上の闇属性モンスターがいれば自身の効果で蘇生することができます

これは強力ですね…

融合素材が重いですが、捕食植物サンデウ・キンジーの効果を使用し、相手モンスターを素材とすることも可能です。

「超融合」にも対応しているので召喚するのはそれほど困難ではないかも…

 

スポンサードリンク




「捕食植物」と相性がいいカードは?

さて、この三体の融合モンスターを主軸としてユーリデッキは闘っていくことになりそうですが、「捕食植物」と相性がいいカードはなんでしょうか。

植物族・闇属性という恵まれた種族なので、多数のサポートカードの恩恵を受けることができる「捕食植物」ですが、特に使用したいカードをまとめてみました。

 

・「超融合

相手モンスターを処理しつつ、こちらの融合モンスターを展開できるのは非常に強力。

このカードは止められないので安心して融合を行えます。

自分のバトルフェイズ中に融合すれば、連続攻撃も可能になるという使い勝手のいいカードですね。

 

・「ダーク・バースト

下級の捕食植物を墓地から回収することができます。

スキッド・ドロセーラを回収すれば捕食カウンターを相手モンスターに置くことができますし、このデッキならサンデウ・キンジーを何回も使い回したいですね。

 

・「再融合

ライフコストを支払うことで墓地から融合モンスターを蘇生することができます。

しかし、破壊されると除外されてしまうのが難点。

グリーディの効果を考えると少し使いにくいカードかな…

 

・「ローンファイア・ブロッサム

このカードをリリースすることでどんな捕食植物もデッキから出すことができます

とりわけこのデッキは相手モンスターを巻きこんで融合するという戦法が非常に有効だと思うので、いち早く「捕食植物サンデウ・キンジー」をリクルートしたいですね。

 

他にも、「コピー・プラント」や「融合識別」といったカードの採用も考えられますが、どんなデッキにも入りそうなのが上に挙げたカードではないでしょうか。

目指す戦略によってはもっと多彩なカードと組み合わせることも可能だと思います。

 

まとめ

こうしてみてみると、非常に「捕食植物」が強化されていますね。

相手モンスターを融合素材にできるというコンセプトは面白いし、強力だと思います。

 

エクシーズモンスターに対して少し弱いかな…?と感じますが、最近は以前ほどエクシーズが猛威をふるってはいないので、相対的に有利に戦えるでしょう。

シナジーがある「月光」に「捕食植物」のパーツを出張させても面白いかも知れませんね。

スポンサードリンク




下級の「捕食植物」についてはこちらの記事も参考にしていただけるとありがたいです。

遊戯王、捕食植物デッキの組み方や相性がいいカードを考察。[ユーリデッキ]

 - モンスターまとめ, 遊戯王