遊戯王、召喚獣と相性のいいカードを考察。召喚獣デッキは強いの?

      2016/11/20

新テーマ「召喚獣」が登場。

こんにちは。

11月に発売される新弾、「フュージョン・エンフォーサーズ」で新規のテーマ「召喚獣」が登場します。

「召喚獣」と聞くと、FFしか思い浮かばないのですが…(アルテマとかね)

実際今回の召喚獣もFFみたいな感じで、召喚師が「召喚」を狙っていくテーマのようです。

 

ブースターパックSPというと毎回いわゆるハズレのテーマも多いのですが、果たして召喚獣は強いのだろうか…?

今回は現在判明している「召喚獣」のカードや相性が良さそうなカードを考察していきたいと思います。

 

スポンサードリンク




判明した「召喚獣」カードたち。

さて、まずは現在判明している召喚獣の効果や性能を考察していきましょう。

 

・「召喚師アレイスター

レベル4・闇属性・魔法使い族・効果
①:このカードを手札から墓地へ送り、自分フィールドの融合モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで1000アップする。この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードが召喚・リバースした場合に発動できる。デッキから「召喚魔術」1枚を手札に加える。ATK1000/DEF1800

どんなモンスターでもパンプアップできる①の効果は「オネスト」と比べると見劣りがしますが、実際使われたら厄介な効果ですね。

ですが、このカードの真価は②にあると思います。

この「召喚魔術」が「召喚獣」のキーカードになります。

では次にこの「召喚魔術」の効果を見ていきましょう。

 

・「召喚魔術

通常魔法
「召喚魔術」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを手札から墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。「召喚獣」融合モンスターを融合召喚する場合、自分フィールド及び自分・相手の墓地のモンスターを除外して融合素材とする事もできる。
②:このカードが墓地に存在する場合、除外されている自分の「召喚師アレイスター」1体を対象として発動できる。墓地のこのカードをデッキに戻し、対象のモンスターを手札に加える。

「召喚獣」専用の融合カード。

①の効果は相手の墓地のモンスターを除外しながら融合することができます。

墓地にカードがあっても現在の環境では基本的にアドしかないので、それを封じることができるのは強いですね。

「捕食植物」といい、最近は相手を巻きこんで融合するのが流行っているのかな…

 

また、②の効果で「召喚師アレイスター」と自身を回収することもできます。

 

アレイスターを召喚し召喚魔術をサーチ、相手の墓地のモンスターとアレイスターを素材にして融合召喚、その後は召喚魔術②の効果で自身とアレイスターを回収、次のターンの融合に備える

…といった流れが召喚獣の基本的な動きになりそうですね。

また、こんなカードも収録されるようです。

・「暴走魔法陣

フィールド魔法

「暴走魔法陣」は1ターンに1牧しか発動できない。
①:このカードの発動時の効果処理としてデッキから「召喚師アレイスター」1体を手札に加える事ができる。
②:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、融合モンスターを融合召喚する効果を含む効果を自分が発動した場合、その発動は無効化されず、その融合召喚成功時に相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

テラフォーミングでサーチ可能なこのカード。

「召喚獣」にはアレイスターのサーチカードが必須だな…と思っていたので、このカードの収録は大きいですね。

このカードを発動させておけば安心して融合召喚を行うことができます。

とりわけ、相手の墓地のモンスターを利用した「召喚魔術」の融合は無効化されたくないですからね…

というか、このカード、「捕食植物」と組み合わせても強いんじゃないか…?

 

さて、次はこの「召喚魔術」で召喚できる「召喚獣」はどんなものがあるのか見ていきましょう。

 

・「召喚獣ライディーン

レベル5・風属性・戦士族・融合・効果
「召喚師アレイスター」+風属性モンスター
①:1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを裏側守備表示にする。この効果は相手ターンでも発動できる。ATK2200/DEF2400

「月の書」を内蔵したモンスター。

とにかく名前がカッコよすぎるんだが…

効果は強力ですが召喚のためには風属性モンスターが必要となり、相手に依存してしまうのがネックですね。

レベル5なので「簡易融合」で出すことも可能です。

 

・「召喚獣エリュシオン

レベル10・光属性・天使族・融合・効果
「召喚獣」モンスター+エクストラデッキから特殊召喚されたモンスター
このカードは上記のカードを融合素材にした融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードの属性は「闇」「地」「水」「炎」「風」としても扱う。
②:1ターンに1度、自分のフィールド・墓地の「召喚獣」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスター及びそのモンスターと同じ属性を持つ相手フィールドのモンスターを全て除外する。この効果は相手ターンでも発動できる。ATK3200/DEF4000

超巨大召喚獣。

コイツも名前が非常にいいですね…

レアリティはシークレットなので、召喚獣のトップレアにあたるのがこのカードです。

「召喚獣」と「エクストラデッキから召喚したモンスター」を要求しているので素材が重いですね。

今判明しているカードが少ないのでまだ何とも言えないですが、「召喚獣」がすべて融合モンスターだったらこのカードは非常に出しにくいといえます。

 

面白いのは、6つの属性として扱うという効果。

今まで登場したカードの中で最も多い属性として扱えるカードとなります。

そして、②の効果で自身を選択すれば、神属性を除くすべてのモンスターをゲームから除外することができるのです…

復帰手段がないと自身は戻ってはこれませんが、相手の場を一掃できるのは魅力的です。

 

・「召喚獣メルカバー

レベル9・光属性・機械族・融合・効果
「召喚師アレイスター」+光属性モンスター
①:1ターンに1度、モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時、そのカードと同じ種類(モンスター・魔法・罠)の手札を1枚墓地へ送って発動できる。その発動を無効にし除外する。ATK2500/DEF2100

新たに判明した召喚獣。

手札のカードを墓地に送ることで、そのカードと同じ種類のカードを無効化、しかも除外することができます。

光属性は多くのデッキで採用されているので、相手の墓地のモンスターも融合素材にしやすいと思います。

攻撃力も2500となかなか高いので、このカードは強いですね…

「召喚獣」は「召喚魔術」の効果で常にアレイスターが手札にあるので、モンスター効果を無効化するのは容易いのではないでしょうか。

腐ったカードを捨て、相手の効果を無効化することもできるので優秀なカードだと思います。

 

召喚獣カリギュラ

レベル4・闇属性・獣族・融合・効果
「召喚獣アレイスター」+闇属性モンスター
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、その間はお互いに、それぞれ1ターンに1度しかモンスターの効果を発動できず、それぞれバトルフェイズにモンスター1体でしか攻撃できない。ATK1000/DEF1800

アレイスターと闇属性の融合体。

光同様に闇属性の採用率も高いため、召喚魔術で相手墓地のモンスターを利用した召喚が狙いやすいです。

レベル4ということもあり、ステータスはお世辞にも高いとは言えませんが、効果は面白いですね。

バトルフェイズにはカリギュラが戦闘破壊されてしまう可能性が高いですが、その真価はメインフェイズ1で相手モンスターの効果を制限することにあると思います。

大量展開してワンショットキル…という戦術からの防波堤になってくれそうです。

 

ネックなのはこの制限が自分にも及んでしまうということです。

よく考えて召喚しないと、連続で融合ができなかったり、自分で自分の首を絞めることになりかねません…

 

・「召喚獣コキュートス

レベル6・水属性・ドラゴン族・融合・効果
「召喚師アレイスター」+水属性モンスター
①:このカードは相手の効果の対象にならず、相手の効果では破壊されない。
②:このカードは表側守備表示のままで攻撃できる。その場合、攻撃力の数値を適用してダメージ計算を行う。
ATK1000/DEF2900

オーバーロード」しか頭に浮かばないんだが…

なんかナザリックにいそうな名前をしていますね。

相手の効果では破壊されず、対象にもならないので強制脱出装置などにも引っかかりません。

守備力も2900と高いので、壁モンスターとしてはかなり堅固ですね。

 

守備表示のまま攻撃できるのですが、攻撃力を適用してダメージ計算を行うので、モンスター除去はあまり期待はできません。

それでも1000ダメージを直接相手に与えることができるのは大きいので、ダイレクトアタックを狙いたいところです。

・「召喚獣プルガトリオ

レベル7・炎属性・悪魔族・融合・効果
「召喚師アレイスター」+炎属性モンスター
①:このカードの攻撃力は、相手フィールドのカードの数×200アップする。
②:このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃でき、守備表示モンスターを攻撃した場合、その
守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

ATK2300/DEF2000
 

戦闘で効果を発揮し、相手の場を一掃することも可能。

パンプアップ貫通効果はうれしいですね。

ただし、相手モンスターを破壊するたびに攻撃力が下がってしまうので、そこは注意が必要です。

相手全除去からの「法の聖典」で別の召喚獣にチェンジし、連続攻撃するのも面白いですね。

 

・「召喚獣メガラニカ

レベル8・地属性・岩石族・融合・効果
「召喚師アレイスター」+地属性モンスター

ATK3000/DEF3300

単純にスタッツが高いモンスターですね。

ジェムナイト・ジルコニアといい、E・HEROガイアといい、地属性=脳筋というイメージがついてしまっている…

私はこういうシンプルなカードは大好きですけどね!

フィニッシャーとしても十分に期待ができる一枚です。

スポンサードリンク




そのほかの召喚獣サポートカード

召喚獣をサポートするカードはまだまだ登場しました。

どんなものがあるのか、紹介していきます!

 

・「法の聖典

速攻魔法 「法の聖典」は1ターンに1枚しか発動できない。

①:自分フィールドの「召喚獣」モンスター1体をリリースして発動できる。

リリースしたモンスターと元々の属性が異なる「召喚獣」モンスター1体を 融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。

このカードはメチャクチャ強いですね。

召喚獣は、属性を揃えないと召喚できず、ちょっと大変だな…と思っていましたが、このカードがあればすべての召喚獣にアクセス可能となります。(エリュシオンを除く。)

速攻魔法なのでバトルフィズ中に発動すれば連続攻撃も可能になりますね。

召喚獣では積極的に採用したいカードだと思います。

 

・「魔法名ー「大いなる獣」

通常罠

①:除外されている自分の「召喚獣」モンスターを任意の数だけ 対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。

そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

「大いなる獣」の読み方は、「ト・メガ・セントリオン」。

中二心をくすぐるいいネーミングセンスですね。

除外されている召喚獣を任意の種類帰還させることができますが、基本的にはエリュシオンに使うことになるのではないでしょうか。

 

エリュシオンの帰還手段としては一考の余地があります。

ただし、トラップなので発動が遅くなるという点もありますね…

 

相性がいいカードは?

さて、「召喚獣」と相性がいいカードは何なのか、考察していきましょう。

この「召喚獣」デッキはアレイスターを手札に呼び込むというのが1つのポイントになると思います。

また、融合テーマなので融合関連のサポートカードも欲しいですね。

あとは、「召喚獣エリュシオン」の復帰手段の確保といったところが必要になるのではないでしょうか。

 

これらを満たすカードを考えてみると…

・「融合徴兵

アレイスターを確実に手札に加えることが可能。

しかし、使ったターンはアレイスターを召喚できなくなってしまうというデメリットがあります。

手札に「召喚魔術」がすでにある場合は使用してアレイスターを呼び込みたいですね。

 

・「超融合

おそらく、「召喚獣」は全属性が融合モンスターとして登場すると思います。

そうなれば「超融合」で簡単に相手モンスターを処理しつつ、強力なモンスターを出すことができるのでこのカードも採用したいです。

今回のフュージョン・エンフォーサーズには「捕食植物」も収録されており、「超融合」は再録されなかったら高騰しそう…

今回、再録が決まりましたね

地味に高いカードなので嬉しいです。

 

・「簡易融合

「召喚獣」全体のレベルがどうなっているのかまだ分かりませんが、ライディーンはこのかーど一枚で召喚できます。

例え破壊されてしまっても、「召喚魔術」で融合素材にしてしまえばいいので、なかなか強い動きが可能になるのではないでしょうか。

 

・「D・D・R

除外されたモンスターを復帰させるこのカードも必要なのではないでしょうか。

エリュシオンを復帰させたり、他の召喚獣を蘇生させたりと用途は多くありそうです。

ただ、あまり積みすぎると手札事故の要因になりそう…

 

ほかにも、「風林火山」をエリュシオンと組み合わせて使うのも面白いとは思いますが、現実的ではなさそう。

エリュシオンは、自身の効果だけで十分な除去能力を持っているので、あとはそれを再利用できる手段があれば良いと思います。

 

まとめ

「召喚獣」は面白そうなテーマですね。

相手を利用し、融合召喚。

相手の属性に応じて戦略が変わるというのは新鮮だと思います。

ただ、アレイスターに依存するテーマなので、アレイスターが封じられてしまうと身動きがとれなくなる可能性が高いです。

 

こういった弱点を解消してくれるサポートカードは登場するのでしょうか?

また、どんな「召喚獣」が登場するのかも気になるところです。

また新しい情報が入ったら記事を更新していきたいと思います。

 

こちらも参考にしていただけると嬉しいです!

http://onxxword1.com/2016/10/15/遊戯王、捕食植物デッキの組み方や相性がいいカ/

スポンサードリンク




 - モンスターまとめ, 遊戯王