三笠宮崇仁殿下の病状や死因が判明!?息子たちの今後は・・・?

   

三笠宮崇仁殿下がご逝去…

こんにちは。

三笠宮崇仁殿下がご逝去されたというニュースが入ってきましたね。

昭和天皇の末弟にあたり、現在の天皇陛下の叔父にあたる人物です。

戦後は歴史学の研究者として活躍なされ、専門は古代オリエント史で、東京芸大の客員教授として教鞭を振るわれたこともあったそうです。

皇族でありながら、皇室批判を続け、二度と戦争を起こすまいという強い意志を持った人物でした。

 

高潔な三笠宮崇仁殿下でしたが、長く病に侵されていたようです。

どんな病状で、死因は何だったのか、見ていきたいと思います。

 

スポンサードリンク




肺炎や心臓のご負担が原因か。

三笠宮崇仁殿下は今年の5月から急性肺炎を患っていました。

治療によって肺炎は治ったようですが、心臓の働きが弱くなってしまっていたと言われていました。

三笠宮さまは、4年前にも心臓の手術を受けられていたので、その時から心臓に負担がかかっていたのかもしれません。

 

また、肺炎というのは恐ろしい病気で、高齢者の死亡原因の第三位にあたります。

子供やご年配の方は、体力や抵抗力が弱く、肺炎に感染してしまう可能性が非常に高いのです。

三笠宮さまも、100歳というご高齢でしたから、抵抗力も弱まり、肺炎に感染しやすかったのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク




死因は心不全。

このように、肺炎や心臓の不調によって体が弱っておられたのか、三笠宮崇仁殿下は心不全でお亡くなりなられました。

ペースメーカーを埋め込むといった手術も受けられており、手は尽くされていたようですが、このようなことになってしまいました。

 

やはり、100歳というご高齢で体が弱っておられたことが一番の原因ではないでしょうか。

皇族というご自身の立場もあり、精神的にも何かと疲労が多かったのかもしれません…

 

息子たちは…?

寛仁親王桂宮宜仁親王高円宮憲仁親王の三方が三笠宮崇仁殿下の息子にあたります。

戦前から現在に至るまで日本を見てきて、皇室の存在を厳しく批判、戦争に断固反対の意を示した父を失い、息子たちは何を思うのでしょうか。

 

皇室というのは特殊な環境ですから、うかつなことは発言できませんが、三笠宮さまのように内部から皇室や日本の体制を変革していこうという新しい風を吹かせていってもらいたいです。

これから先、日本の皇室はどのように変わっていくのでしょうか…?

平幹二朗のカミングアウトはウソ!平幹二郎のバイ疑惑を考察!

スポンサードリンク




 - ニュース・話題