三菱自動車のリコール対象車は?ワイパーの不具合はなぜ起きたのか。 

      2016/11/02

三菱自動車でリコール。

こんにちは。

三菱自動車でリコールが起きましたね。

ワイパーの防水が甘く、水が入ることによってモーターなどの部品が故障してしまう可能性があるそうです。

この対象車は10万台にも及ぶそうです。

 

対象車種はどれなのかをまとめ、またどうしてワイパーの不具合が生じたのか考察してみました。

 

スポンサードリンク




三菱自動車のリコール、対象車は?

まず、対象になるのは「RVR」と「アウトランダー」という車種になります。

それぞれ、どの期間に作られたものが今回のリコールの対象になるか、下で示しておきます。

 

「RVR」

GA3W-0000101 ~ GA3W-0100153
平成22年2月8日 ~ 平成24年9月10日

GA4W-0100101 ~ GA4W-0301670
平成23年10月3日 ~ 平成26年1月10日

・「アウトランダー

CW4W-0000201 ~ CW4W-0201288
平成22年9月2日 ~ 平成24年10月1日

CW4W-5400101 ~ CW4W-5403233
平成21年12月18日 ~ 平成22年9月1日

CW5W-0000201 ~ CW5W-0400818
平成17年9月22日 ~ 平成24年9月28日

CW5W-5100101 ~ CW5W-5405927
平成19年1月16日 ~ 平成22年8月31日

CW5W-9300101 ~ CW5W-9301970
平成21年4月6日 ~ 平成21年12月10日

CW6W-5200101 ~ CW6W-5300476
平成19年10月2日 ~ 平成21年3月31日

CW6W-9300101 ~ CW6W-9300199
平成21年4月7日 ~ 平成21年8月24日

 

まとめると、

「RVR」の方は平成22年2月8日~平成26年1月10日に作られたものが対象となり、

「アウトランダー」は平成17年9月22日~平成24年10月1日に作られたものが対象となります。

 

かなり広い範囲で対象になっているので、ご自身の車をしっかりと確認してください。

基本的にはダイレクトメールか電話で連絡が来るそうですが、もし連絡が来ない場合は、最寄りの販売店にこちらから連絡しましょう。

最悪の場合、ワイパーが稼働しなくなるようです。

対象になっていたら、必ずワイパーの取り換えをしてもらうようにしてくださいね。

 

スポンサードリンク




どうしてこんなことが起こったのか。

さて、どうしてこんな事態が起こったのでしょうか。

一つには、販売している車種が多すぎることが原因では?と思いました。

 

販売する車種が多ければ多いほど、使われる部品も多くなります。

そのため、すべての部品は把握しきれていないのではないでしょうか。

 

また、新しい商品を作れば作るほど、微妙なバージョンアップもなされていきます。

その過程で必要なものまで抜け落ちてしまったのではないか…とも考えられます。

 

こういったリコールはよくありますが、企業の信用を落とさないためにも、品質の維持を心がけてもらいたいですよね。

ジェームズパッカーはオーストラリアのセレブ!マライア振ったってマジ?

スポンサードリンク




 - ニュース・話題