市川海老蔵に不倫疑惑。舞子Mって誰なのか調べてみた。

   

市川海老蔵が不倫!?

こんにちは。

2016年11月14日発売の週刊現代で、市川海老蔵さんの不倫疑惑が報じられました。

何でも、京都の祇園での女性問題が明らかになったんだとか。

お相手は超売れっ子の舞妓Mさんとのことですが、一体誰のことなのでしょうか。

 

今回は市川海老蔵さんの浮気について調べてみたいと思います。

本当に今回の不倫疑惑が海老蔵さんにあるのか、また舞妓Mとは誰なのか、検討していきたいと思います。


スポンサードリンク




人気舞妓Mさんって?

「週刊現代」によると、お相手は祇園のお茶屋Tの舞妓Mさんとのことです。

 

調べてみると、このお茶屋は「多麻」という名前のようです。

そして、くだんの舞妓さんは「まめ藤さん」という方のようです。

彼女は現在18歳で、「未成年」ということが今回の問題をさらにややこしくしています。

 

「多麻」との付き合いは長く、父親の市川團十郎さんの代からお世話になっているようです。

また、まめ藤さんのことを市川海老蔵さんは非常に可愛がっており、舞妓としてデビューを迎えたときにはお祝いまでしたんだとか。

 

実際にまめ藤さんと仲良くツーショットで映った写真も見受けられました。


スポンサードリンク




三角関係だった?

実は、このまめ藤さんは尾上右近さんと付き合っていたと噂されています。

尾上右近さんというのは市川海老蔵さんの後輩にあたる方で、年は離れていても非常に仲が良いようです。

 

尾上右近さんとまめ藤さんがお付き合いしており、そこに海老蔵さんが手を出して三角関係になった。

そして、まめ藤さんは今年5月に舞妓をやめ、実家に帰ってしまった…

といった報道がなされています。

 

しかし、「多麻」のおかみさんは「まめ藤が舞妓をやめたのはお父さんが癌になったからです。」とこれを否定。

尾上右近さんの事務所も「海老蔵さんと三角関係になったことはない。」と発表しています。

また、海老蔵さんの事務所も「そんな事実はない。」と完全に否定されているんです。

 

実際にまめ藤さんは実家に帰り、家業の手伝いをしているようです。

 

もちろん三者が口裏を合わせているということも十分に考えられますが、おそらくこの三角関係はガセなのではないでしょうか。

というか、そもそも舞妓さんとそういう関係になれるものなんでしょうか…?

 

まとめ

もし、この浮気が事実なら大変なことになります。

市川海老蔵さんの妻、小林麻央さんは現在乳がんに罹り、闘病生活にあるのにそれをほったらかして未成年の舞妓に手を出すのは大問題ですよね。

 

歌舞伎関係者も、「妻が闘病生活に入ってから海老蔵も遊びを控えているようだ。」と話しています。

確かに以前は「多麻」に通っていたことは事実ですが、現在はそんなこともないようです。

奥さんをほったらかして夜の祇園で遊んでいたら、ものすごく目立ちますよね。

 

今回の報道は尾ひれがつき、面白おかしく広がってしまったのが事実なのではないでしょうか。

麻央さんがとても大変な時期なのだから、海老蔵さんにはしっかり支えてあげてほしいです。

中丸雄一、お家デートの真相がヤバい!彼女が誰なのか調べてみた。 


スポンサードリンク




 - ニュース・話題, 芸能人