イヴァンカ・トランプのブレスレットがヤバいと話題!許されるのか…

   

イヴァンカ・トランプさんが話題に。

こんにちは。

アメリカ大統領になったトランプ氏の娘、イヴァンカさんが話題になっています。

彼女はその美貌と富でも注目を集めていましたが、今回はその話ではありません。

何が話題なのかというと、彼女のブレスレット

 

自ら作ったブランド品を政治を利用して売ろうとしている!との批判が集まっているのです。

一体どういうことなのか、詳しく考察していきたいと思います。


スポンサードリンク




イヴァンカさんのブレスレット騒動。

イヴァンカ・トランプさんは「イヴァンカ・トランプ・ファイン・ジュエリー」というブランドを経営しています。

イヴァンカさんは慈善活動でデザインをするなど、その道の才能があるようですね。

 

自分の名前をそのままブランドにしているのもすごいですね…

名前の通り、宝石類や装飾品を手掛けているようです。

ジュエリー以外の商品は楽天でも買えるみたいですよ。

 

今回問題となったのは、このブランドのブレスレット

ニュースのインタビューに応じるトランプ氏に同席したイヴァンカさんはこのブレスレットを身に付け同席。

身に付けていたブレスレットはダイヤや金の豪華な装飾がなされ、日本円で約120万円もするものなんだとか。

 

しかし、ただ自分のブランドのブレスレットを身に付けていただけで、問題になるとはどういうことでしょうか。

調べてみると、問題はむしろこの後の行動にありました。

 

副社長の宣伝行為。

イヴァンカさんが同席したトランプ氏のインタビューが放送されると、「イヴァンカ・トランプ・ファイン・ジュエリー」の副社長がすぐさま行動に移りました。

イヴァンカさんがブレスレットを身に付けて番組に出た写真とともに、商品の売り込みを記者たちに依頼していたのです。

副社長の行動とはいえ、イヴァンカさんの指示があったのは間違いないでしょう。

 

これを知ったメディアは一斉にイヴァンカさんを批判し始めた…というのが今回のあらましになります。


スポンサードリンク




何が悪かったのか…?

ここで考えていきたいのは、何が悪いのかということです。

イヴァンカさんは商売人としては非常に正しい行動をしているように思います。

商売のチャンスがそれをつかみ、売るのは商売人の鑑でしょう。

 

しかし、問題は政治に絡んでいるということにあると思います。

例えば、キムタクがブランドを立ち上げて、関係者に売り込んでも今回のように問題にはならないかもしれません。

 

ですが、イヴァンカさんの場合は父親が時期アメリカ大統領という立場です。

政治とカネの結びつきは嫌われますし、トランプ氏を嫌っている人が多いのも事実。

イヴァンカさんへの批判というよりは、今回は「トランプ一族への批判」として捉えたほうがいいのかもしれません。

 

まとめ

トランプ氏の一族は多くのビジネスを手掛けており、今後もこのような問題が出てくると思います。

反対者はこういった点を糾弾し、トランプ氏を退陣に追い込もうとするのではないでしょうか。

トランプ一族にはビジネス面でも慎重な対応が必要とされますね。


スポンサードリンク




 - ニュース・話題