殺虫剤にも。メソミルを購入可能な犯人は誰なのか。

   

メソミルで犬が死亡…

こんにちは。

和歌山県で散歩中の犬が落ちていたソーセージを食べて死んでしまうという事件が発生しました。

このソーセージを調べると、メソミルという劇物が検出されたようです。

 

聞き慣れない名前ですが、いったいこれはどんなものなのでしょうか。

また、どこで購入することが可能なのか、調べていきたいと思います。


スポンサードリンク



メソミルとは?

メソミルとは摂取すると手足のけいれんを引き起こす作用がある劇物。

アメリカのデュポン社が開発したのがこのメソミルだそうです。

小動物は少量の摂取で死んでしまうこともあります。

農業用の殺虫剤に多く含まれており、一応全国的に流通しています。

 

 

このメソミルを使って動物を死亡させる事件は毎年起こっているようです。

犬だけではなく、猫やスズメといった小動物も対象になっているみたいですね…

体重5キロの猫が0.25gのメソミルを摂取すると死亡してしまうそうです。

 

どうやら、動物が嫌いな人が殺虫剤を購入し、メソミルを加えた毒餌を作り、ばらまいているみたいです。

 

劇物に指定されている通り、非常に強力な毒性を持っています。

犬を飼っているかたは、愛犬が変なものを拾い食いしないようによく見張っていないといけませんね…


スポンサードリンク



メソミルの購入場所は?

この恐ろしいメソミルですが、いったいどこで購入できるのでしょうか。

 

メソミルというのは物質の名前なので、これが含まれている殺虫剤を探してみました。

調べてみると「ランネート45DF 」という名前の殺虫剤にはメソミルが含まれていますね。

一般的に、「ランネート」という名前で認知されているようです。

100ミリグラムで8000円ほどで購入できるようです。

 

劇物取締法で指定されているため、購入時には身分証明証や印鑑が必要になります。

しかし、農業専門店のほかにこの殺虫剤はネットでも購入ができるようです。

 

今回の犯人もネットで購入していたら特定は難しいのではないでしょうか。

実際の店舗で購入していたら、記録も残るはずなので足がつきやすいと思うのですが…

ネットは多くの方が利用しており、犯人を絞り込めるのか心配です。

 

まとめ

恐ろしい毒性を持ったメソミル。

しかし、これは使い方が悪いだけで、メソミルが悪ということではありません

包丁も料理人が使えば素晴らしい道具ですが、殺人鬼が使えば凶器になります。

 

どうしてこんなことをするのか。

動物が嫌いなのか、愉快犯かわかりませんが、今後はこのような犯人が現れないことを祈りたいです。

宮本亜門のオネエ疑惑。嫁をもらわず独身の理由は何なのか考察。


スポンサードリンク



 - ニュース・話題