桂文福の嫁はどんな人なのか。吃音でもくじけなかった訳だ…

   

桂文福さんって?

こんにちは。

皆さんは桂文福さんを知っているでしょうか。

この方は落語家として活躍しているのですが、実は幼少期から「吃音」持ちです。

しかし、文福さんはそんなことをものともせずに「落語で村おこし」を合言葉に全国で活躍しています。

 

ふつう、吃音の人は人前で話すのは苦手ですし、落語家というしゃべりが必要な職業は難しいと思うのですが…

「型破り」な落語家として人気が出ている桂文福さん。

また、その嫁はどんなひとなのか、調査していきたいと思います。


スポンサードリンク




桂文福さんの嫁はどんなひと?

桂文福さんのお嫁さんは、「文福部屋」という公式ウェブサイトで日記ブログを更新しています。

タイトルは「文福のヨメ物語」というもの。

文福さんの様子を事細かに伝えるブログからは、奥さんの献身的な態度が伝わってきます。

 

お弟子さんが何人かいるようですが、家計は別に余裕があるわけでもないようです。

この奥さんもパートにでて働き、家計を支えているんです。

 

文福さんはもともと吉本に所属していたのですが、フリーで仕事を取りすぎた結果、吉本と対立。

最近吉本所属に復帰しましたが、奥さんも苦労をしたのではないでしょうか。


スポンサードリンク




吃音について。

私は吃音の知り合いはいませんが、以前に「英国王のスピーチ」という映画を観たことがあります。

この映画の中では吃音の苦しさが余すところなく描かれていました。

映画では吃音症のイラつきから物にあたるシーンも多くありました。

 

吃音というと、そのようにイライラしているイメージがありましたが、桂文福さんもそうなのでしょうか。

お弟子さんは「どこで怒るかわからない」と語っていますが、それは芸に対する真剣さからくるものではないかと思います。

 

ところかまわず怒鳴り散らすということではなく、弟子のこと思った愛のムチなのではないでしょうか。

 

まとめ

吃音と聞くとマイナスなイメージでとらえてしまいますが、実際はそうではないのだと思います。

現に、桂文福さんは落語家として活躍されています。

 

どんな能力が与えられていても、それを活かすか殺すかは自分にかかっています。

桂文福さんのように、自分の個性と向き合い、それとうまく折り合いをつけていくことが必要なのではないでしょうか。

市川海老蔵が浮気か。祇園の真相は…まめ藤についても調査。


スポンサードリンク




 - ニュース・話題