中途覚醒はストレスが原因なのか。対策法を考察してみた。

   

中途覚醒がつらい…

こんにちは。

皆さんは「中途覚醒」とは何かご存知でしょうか。

これは寝付いたと思っても、夜中に何度も起きてしまう症状のことを指します。

 

寝るなら朝までぐっすりと眠りたいですよね。

夜中に何度も目が覚めて、浅い眠りしか取れないのはとてもつらいです。

しかも、しっかりと疲れが取れていないと仕事や学業にも影響が出てしまいますし、交通事故にあう可能性も高くなってしまいます。

 

どうしてこのような「中途覚醒」が起こってしまうのでしょうか。

その原因はストレスと言われています。

今回は、中途覚醒の原因やメカニズム、そしてその対処法について詳しく見ていきたいと思います。


スポンサードリンク




中途覚醒の原因・メカニズムは?

中途覚醒の原因としてまず挙げられるのはストレスです。

人間は様々なことでストレスを感じています。

これは自覚があるものもあれば、たちが悪いことに自分では意識していないものもあるのです。

 

例えば、引っ越しなどで環境が変わることによってもストレスを感じていると言います。

周りが静かであっても、今までとは違う環境にストレスを感じてしまうのです。

 

また、学校や職場の人間関係もストレスを感じさせる大きな要因になります。

心理学の大家アドラーは、「すべての悩みは対人関係の悩みである。」と断言しています。

ある小学校でアンケートを取ったところ、悩みの一位は「友達との付き合い方」だったという話もあります。

 

このように切っても切り離せないのが人間関係。

芸能人や有名人も例外ではありません。

 

このように環境やあなたを取り巻く人間関係はストレスの温床となります。

強いストレスを感じると、自律神経が乱れ、睡眠障害が引き起こされるのです。

 

ストレスがひどくなると脳が十分に休めなくなってしまいます

脳が休息をとれていないと、深い睡眠を得られなくなってしまい、眠りが浅くなります。

眠りが浅いかどうかは夢をよく見るかどうかで測ることができます。

あなたがもし夢をよく見ていると感じるなら、睡眠が浅い可能性が高いのです。

 

さらに困るのは、ストレスは寝つきも悪くするということです。

寝ようと思っても、全く寝れないのはとても苦しいです。

そのうえ眠れたと思っても、すぐに目が覚めるので余計にストレスが溜まっていきます。


スポンサードリンク




つらい中途覚醒、対処法は?

中途覚醒がストレスによって引き起こされていると感じるなら、まずは自己分析から始めましょう。

あなたは、一体何に対してストレスを感じているのでしょうか。

 

・受験への焦り、成績を上げろという親のプレッシャー

・友達に常に合わせていないと…という不安

・嫌な上司から言われる小言の数々

・大変な育児の負担、夫へのいらだち

・人から馬鹿にされているのではないかという恐れ

 

…このように様々な原因が考えられます。

自分がどんなことにストレスを感じているのかよくわからない…」という方は、2つのことを考えてみてください。

 

それは、人間関係環境です。

あなたの周りに、何だか近づきたくなかったり、話したくない人はいませんか。

あるいは、あなたが行きたくない場所、長い間居たくはない場所などは思い浮かびませんか。

もしこういったものが思い浮かべば、それがあなたを苦しめている原因の可能性は高いです。

 

自分がストレスを感じている原因に見当がついたら、次に何をすればいいのでしょうか。

それは、ストレスの原因を遠ざけることです。

 

例えば、苦手な人がいるならこちらからは近づかないようにしましょう。

どうしてもだめな場所には近づくのをやめてしまいましょう。

こう聞くと、「それは逃げているだけで、恥ずかしいことじゃ…」と感じる方もいるかもしれません。

しかし、これは全然恥ずかしいことではありません

 

変なプライドはこの際捨てて、あなたは自分をもっと大事に考えていいのです。

あなたが倒れてしまったら元も子もないのですから。

 

しかし、ストレスの原因が職場の上司などの場合、現実的に避けるのは難しいですよね。

その場合は他の人に悩みを打ち明けるようにしましょう。

 

自分の悩みは自分で解決するしかありませんが、吐き出すことでずいぶんと楽になります。

それは他の人に迷惑が掛かるのでは…?」と感じる方もあると思います。

しかし、先ほども言ったようにもっとあなたは自分を大事にしていいのです。

他の方に迷惑をかけたと思ったのなら、その方が困っているときに力になってあげればいいのです。

 

よく、全部自分一人で抱え込んで解決しようとする人がいますが、それは傲慢な考えです。

あなたは自分が思うほど強くはないのです。

 

人は一人ではただの人ですが、ほかの人との関係に生きてはじめて「人間」になります。

私たちは人ではなく、人間として生きていかなければなりません。

お互いに助け助けられるのが人間の生き方です。

相手に手を差し伸べるためにも、あなたがつぶれてしまってはならないのです。

 

まとめ

中途覚醒の原因となりうるのがストレス。

現代社会はストレス社会と呼ばれ、どこに行っても苦しみ・悩みから離れることはできません。

しかし、それを軽減することはできるのです。

 

そして、ストレスを減らすのを妨げているのは他の誰でもなくあなたです。

もっと自分を大切に、そして苦しいときは他の人に頼っていいのです。

あなたの行動が変われば、あなたの苦しみも変わります。

これ以上自分を苦しめないようにしてあげてくださいね。

これは甘え?大学に行きたくない。~学校に行けない時の3つのヒント~


スポンサードリンク




 - ライフハック