東京、北東の「yatit」の予言が当たった!地震発生を予知?

   

東京の北東、「yatit」って?

こんにちは。

11月22日の今朝、福島沖でM7.3の地震が発生し、それに伴った津波も発生しています。

現在、「引き波」が起こり、大きな津波が来るのでは?

と予想されていますが、今回のニュースを聞いて感じたのは、「これどっかで聞いたような…」という既視感。

 

私は予知とかいわゆるオカルト関係のことが好きなのですが、最近ある予知能力者が話題になっていました。

それは「水曜エンタ」に出演した二人のイギリスの超能力者で、「東京の北、さらに東」で何かが起こると予知していました。

東京の北東、YATITがヤバい!テロや地震が起こるのか… 

これはテロや地震が起こるのでは…?

と思っていたところに今回の地震が発生。

何か関係があるのでしょうか。

 

また、先日話題になっていたスーパームーンとの関連も気になります。

コチラもスーパームーンが発生した日の付近で地震が起こるのではと噂されていました。

スーパームーンで地震?阪神大震災との関係がヤバい… 

何か関連があるのでしょうか。

詳しく見ていきたいと思います。


スポンサードリンク




yatitとは?

この「yatit」という言葉は、番組の最後に超能力者が言い放った言葉です。

結局意味は解説されなかったのですが、予知されたことが発生する場所だと考えられています。

ネットではこれをもとに様々な推測がなされていました。

 

中には「Yは山形、Aは青森、Tは栃木、Iは茨城、Tは千葉を指している。」と考察していた人がいました。

これ、かなり当たってますよね…

栃木・茨城では震度5弱の地震を観測していますし、千葉・青森では津波が予想されています。

山形でも地震の発生によって新幹線の運転が見合されているんです。

もしかして、2人の超能力者にはこの未来が見えていたのでは…?

 

また、予言の内容は

東京の北東で、とても寒い場所。肩を寄せ合う人たちが見える。」といったもの。

これは今回の地震・津波を指しているようにも聞こえます。

 

しかし、同時に、

「クリスマス前、土砂崩れや脱線事故が発生。テロ。」といった予知もありました。

これは今回の地震とは関係がないように思えますよね。

もしかしたら、クリスマス前にテロも発生するのでしょうか…


スポンサードリンク




スーパームーンとの関係は?

スーパームーンというのは月が地球に大接近することで、いつもより月が大きく見える現象のことです。

月の接近に伴い引力が増し、それが地球にも影響を与えると言われています。

 

実際に強い月の引力が大地震に何らかの影響を与えていることは研究されており、東日本大震災やスマトラ島沖地震の時でも前後に月の引力が強くなっていたと言われています。

 

スーパームーンがあったのは約1週間前の11月14日

月の引力の高まりが何らかの影響を与えているのかもしれません…

 

まとめ

今回の地震・津波は今までの予知と何らかの関係があるように思います。

スーパームーンとも何らかの関連性があるのかもしれません…

 

また、予知能力者が本物ならクリスマス前も注意が必要ということです。

今後はどうなっていくのでしょうか…

新たな情報や予言が出されたら考察していきたいと思います。

2016年11月22日、福島で津波警報。現場の被害は…


スポンサードリンク




 - ニュース・話題, 天体・宇宙