2016年11月22日、福島で津波警報。現場の被害は…

   

福島で津波が発生。

朝起きると、衝撃的なニュースが流れていました。

22日の午前6時ごろ、福島県沖を震源とした地震が発生。

マグニチュードは7.3とのこと。

福島に加え、茨城や栃木でも震度5弱が観測されています。

 

また、この地震によって福島県に津波警報が発令されました

*宮城県にも津波警報が追加されました。注意してください。

現在は津波警報はすべて解除されました。

 

 

千葉や茨城などにも津波注意報は発令されています。

津波の予想は3mの高さということで、付近にいる方は高台に今すぐ非難してください。

 

避難指示が出ていたのは

青森県 三戸郡階上町

青森県 三沢市

青森県 八戸市

福島県 相馬郡新地町

岩手県 久慈市

岩手県上閉伊郡大槌町

千葉県 鴨川市

茨城県 北茨城市

他にも多くの地域で避難勧告が発令されていました。

 

現在、原発への異常は確認されていませんが、今後も注意が必要です。

福島では津波の被害状況はどうなのか、ツイッター上の反応などをもとに考察したいと思います。


スポンサードリンク



福島での津波被害は?

現在、福島県には3mの津波警報が出ており、皆さん高台に避難していたようです。

ツイッターでは、

「波がめっちゃ引いていく。」

「みんな高台から津波を見ている。船も非難して欠航になった。」

というツイートが見られました。

波が引いていくというのは「引き波」と呼ばれる現象で、この後大きな津波がやってくる可能性が高くなります。

 

現在第一波の到達を確認したとのことですが、まだ油断はできません。

津波は現在、いわき市小名浜で0.6m、相馬市で0.9mを確認しています。

 

津波の被害は宮城・福島・東京・千葉で合わせて12人がケガをしたと発表されています。

道路などのインフラは無事のようです。

 

他にも、

「津波が来てる!早く逃げて!」

「福島は大丈夫かな…?」

「落ち着いて避難してください。」

というように現地を心配する声が多く見られました。

現在、大きな被害は出ていないようですが、今後も油断できません。

今後一週間ほどは最大で震度5弱、津波を伴う地震が起こる可能性があります。

十分気を付けるようにしてください。


スポンサードリンク



津波の恐ろしさ

津波の高さ1mとか聞いてもなかなかイメージできませんが、よく考えてみてください。

1mの壁が自分に向かってものすごいスピードで迫ってきたら、恐怖以外の何物でもありません。

 

しかもそれが3mとなったら逃げ場はないですよね。

巨人が自分に向かって迫ってくるような恐怖だと思います。

怖いもの見たさで近づくことは絶対せずに、距離を保って高台に避難しましょう。

スーパームーンで地震?阪神大震災との関係がヤバい… 

 

まとめ

福島での津波被害は東日本大震災を思いだします。

復興が進む中、今回の震災が起こってしまいました。

現在、被害はそこまで出ていないようですが、今後も油断できません。

沿岸部の皆さんは、新しい情報をチェックし、避難するようにしてください。


スポンサードリンク



 - ニュース・話題