顔コリが痛い人へ。マッサージのやり方、教えます!

   

顔コリが痛くてつらい…

こんにちは。

みなさんは「顔コリ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

肩こりとかなら聞くけど、顔にもコリがあるのか?と私も最初は不思議でした。

 

しかし、肩やほかの体の部位と同様に、顔にもコリは存在するのです。

パソコンの前に座っていたりして長時間同じ姿勢を保っていると体が痛くなってきますよね。

それは血流が悪くなったことで体がこっているということです。

 

また、部活などでスポーツをやっている人にもコリは生じます。

激しく体を動かすと疲労物質が蓄積し、コリを生じさせるのです。

 

顔の場合も同様です。

普段の生活で笑っていない人は筋肉が衰えて顔がコリやすくなりますし、無理やり笑顔を作っている方も疲労がたまりコリが生じやすくなるのです。

 

顔がこるということは筋肉がうまく働かなくなり、「老け顔」にもつながります。

女性だけでなく、男性でも知らぬ間に顔がこっている場合もあり要注意です。

しかも、ひどいと顔がこって痛いと感じることさえあります。

こうなったらマッサージをするしかありませんが、どうやればいいのでしょうか。

 

どうやって顔のコリを解消すればいいのか、また、そもそも自分は顔がこっているのかといったことについて今回は見ていきたいと思います。


スポンサードリンク




私って顔がこってるの?

一体、顔がこっているというのはどういう状態をいうのでしょうか。

顔コリの症状は一般的に次のように言われています。

・顔がむくみやすい

・たるみができたり、しわやほうれい線が多くなった

・寝ている間の歯ぎしり

・目の下や顔の筋肉がピクピク勝手に動く

・目が大きく開けない

・口角が上がらない

・笑うと頬に痛みを感じる

…どうでしょうか?

当てはまるものが多くあったなら、あなたは「顔コリ」の可能性が高いです。

 

普段の生活の中で自分の顔がこっているとはなかなか思いませんよね。

しかし、こういった症状は体からの警告です。

無視することなく、あてはまるならしっかりと対処をするようにしましょう。

 

顔コリを解消するマッサージは?

ひどい場合はエステサロンに通い、プロのマッサージを受けるのが一番だと思います。

しかし、金銭的にも時間的にもそんな余裕はないという方も多いですよね。

特に学生には無理な話ですよね…

 

なので、今回は自分で手軽にできるマッサージをいくつか紹介したいと思います。


スポンサードリンク




①筋肉をつまむ

一番簡単なのは、自分の親指と人差し指で顔の筋肉をつまむマッサージです。

頬や下あごなど、筋肉が比較的厚い部位にやると効果的です。

ギュッギュッと力を入れ、少し痛いぐらいの力でもみほぐしていきましょう。

 

このマッサージでは筋肉をほぐすほかに、血流やリンパの流れを改善することもできます。

手軽にできるのでお勧めの方法ですよ!

 

②首や肩甲骨を回す

デスクワークをする方がよくやってるこの方法も顔コリ解消に効果があります。

座りながらできるのでコチラも簡単に行うことができます。

首や肩甲骨を回すことによって、血流やリンパの流れをよくすることができるんです。

 

ポイントは、速く回しすぎないことです。

ゆっくりと、気持ちいと感じるように回すようにしてくださいね。

 

③ツボ押しマッサージ

顔コリに効果がある代表的なツボは「頬車(きゅうしゃ)」と「下関(げかん)」と呼ばれるものがあります。

 

まず、頬車はいわゆるエラの部分になります。

人差し指から薬指までの三本の指の腹を頬車に押し当て、小さな円を描くように動かしてください。

むくみやたるみに効果があると言われています。

 

また、下関は耳穴から指一本分ほど顔に近いちょっとへこんだ部分で、口を開けると動いているのが分かります。

こちらは人差し指か中指をあて、ぐりぐりマッサージしてください。

頬車と同様に顔のむくみやたるみの解消になると言われています。

 

ツボ押しは部位をしっかりと覚えておかないといけないので、しばらくは毎日続けるようにした方がいいと思います。

 

④口と目の体操

大きく口を開き、母音を発音する形(あ・い・う・え・お)を2秒間ほどキープするのも効果的です。

また、口を動かすのと一緒に目も大きく開くことで顔の筋肉を動かすことができます。

このように顔を動かすことで筋肉をほぐし、コリを解消することができます。

 

人前でやるのはかなり恥ずかしいので、誰も見ていないところでこっそりとやるようにしてくださいね。

 

まとめ

まずは自分に顔コリの症状が出ているかを確かめ、当てはまる場合は上にあげたようなマッサージを試してみてください。

どれも簡単にできるので試してみる価値はありますよ!

 

若い人でもYouTubeなどの動画を長時間見ていると、肩が凝ったりするほかに顔がこってしまうこともあります。

若いから大丈夫と思わずに、頻繁にマッサージをしてほぐすようにしましょう。

もし自分でマッサージしても一向によくならないという場合は放置せずに、医者やエステサロンなどに行ってくださいね。

中途覚醒はストレスが原因なのか。対策法を考察してみた。


スポンサードリンク




 - ライフハック