深海生物ゴエモンコシオリエビの値段がヤバい件…

   

深海生物ゴエモンコシオリエビとは?

こんにちは。

今回はみなさんに「ゴエモンコシオリエビ」について紹介したいと思います。

「えっ何それ?聞いたことないよ…」と思われる方も多いと思いますが、それもそのはず。

 

このゴエモンコシオリエビは深海に生息しているのであまり知られてはいないのです。

いったいこれはどんな生物なのか。

その生態や値段のことに迫ってみたいと思います。


スポンサードリンク



ゴエモンコシオリエビの生態。

ゴエモンコシオリエビは深海にすむ生物で、外見は白いカニのようです。

名前はエビで外見はカニなのですが、厳密にはヤドカリの仲間として分類されています。

日本の深海にも生息しており、水深1000mを超えたところに暮らしています。

日本では新江ノ島水族館などで見ることができます。

 

光の届かない深海で、しかも300度を超える熱水に暮らしています。

こんな熱水に暮らしていることから、釜茹でにされた大泥棒、石川五右衛門の名前がとられているんですね。

 

深海では光がないため光合成をおこなうことができす、エネルギーが生み出せないように感じますが、ゴエモンコシオリエビは独特な方法で生命を維持しています。

 

なんと自分の腹に生えている毛に微生物を飼い、それを増やすことで自身の食料としているのです。

スゴイ毛むくじゃらだったのにはちゃんと理由があったんですね…

まさに自給自足の生活を行っている、賢い生き物です。


スポンサードリンク



ゴエモンコシオリエビの値段は?

深海生物であり、非常に貴重なゴエモンコシオリエビのお値段はおいくらなのでしょうか。

調べてみると、そもそも飼育するのが非常に困難なのだとか。

個人で購入することが不可能なので値段はつけられないかもしれませんね。

 

しかし、ゴエモンコシオリエビはグッズも販売されており、そのグッズは意外と高いです…

ペーパークラフトのゴエモンコシオリエビは1体4000円。(在庫なし)

ぬいぐるみも販売されており、こちらは1体2700円

こちらがぬいぐるみですね。

ぬいぐるみはAmazonでも購入できるので、ほしい方は簡単に手に入れることができます。

うーん…私は遠慮しておきますが…笑

 

まとめ

不思議な生態を持っているゴエモンコシオリエビ。

なかなか珍しい生き物なので、一度は生で見てみたいですね。

見慣れてくると可愛いかも…

ウモレオウギガニ、Wikiにないけど毒が非常ヤバかった件… 


スポンサードリンク



 - ニュース・話題