岡本玲のデスノートがヤバイ件…ドラマと違い性格悪いのか調査。

   

岡本玲のデスノートって?

こんにちは。

人気女優の岡本玲さんが29日の「今夜くらべてみました」に出演します。

岡本玲さんと言えば「毒舌女優」として話題になっていますが、今回は自身の「デスノート」を公開するんだとか。

いったいどういうことなのか、詳しく見ていきたいと思います。

 

話題になっている「デスノート」は自分が感じた日常の憤りをノートにぶつけたものだそうです。

ノートは高校時代から書いていおり、だいぶうっぷんが溜まっていそうです…

 

もともと岡本玲さんは和歌山県の和歌山県立向陽高校に通っていました。

中高一貫校で偏差値も65とかなり高い進学校です。

学校に通う傍らで、芸能活動もしていた岡本玲さんにはストレスもかなり溜まっていたのではないでしょうか。

 

実際にその後「受験勉強する時間を確保したい。」という理由で通信制の学校に転入しています。

芸能界にいながら勉強にも手を抜かない、相当な努力家であることが伺えます。


スポンサードリンク




 岡本玲の性格は悪いの?ドラマとは違う?

しかし、ストレスがたまったからと言ってノートに憤りをぶつけるのはちょっとやりすぎではないでしょうか…

もしかして性格が悪いの?という疑問も浮かんできます。

ドラマなどで見る彼女は明るいイメージですが、実際はどうなのかネットの情報から考察していきましょう。

 

まずは、性格について良い情報から。

岡本さんとカラーセラピストの方の対談によると、岡本さんは

「もともと人見知りだったが、最近は人と話すのが苦手ではなくなった。」

「人とかかわるのが好きになった。」

といった明るいコメントがなされています。

なんとなくこんな印象は彼女に当てはまるような気がしますよね。

ドラマの演技も最初は下手と言われていましたが、努力でかなりうまくなっていますし…

性格についても悪いところを直す努力家なのかなとも思います。

 

しかし、反対に悪いという噂もあります。

これは7日に放送された「今夜くらべてみました」で峯岸みなみさんが暴露したことです。

峯岸さんと岡本さんは一緒に旅行に行くほど個人的な付き合いがある仲良し。

 

ですが、峯岸さんが暴露した内容は、

・「清純なイメージとは裏腹にいつもイライラしてる毒舌キャラ。」

・「本当は元気がなくて暗い。」

・「アンチAKBで、AKBのことが嫌い。 」

といった衝撃的なものです。

AKBについてはライバルとして意識してしまうということのようですが、岡本さんはかなりの負けず嫌いのようです。

また、基本的には暗い部分があることは自覚している様子でした。


スポンサードリンク




彼女は負けず嫌いで、誇り高いだけでは?

しかし、私は別に性格が悪いというわけではないと思います。

というのも、岡本玲さんは「女優」という仕事に対してものすごくまっすぐなんです。

ファッションモデルからスタートし女優になった当初も演技力に対して厳しいことが言われました。

また、自分の性格が暗くても、そんなことはおくびにも出さずに演技をしています。

 

彼女は女優になるために努力をし、なった後もその努力を惜しんでいません。

女優をいかに死ぬまで続けられるか」を目標にしていると番組の最後では語られました。

そんなまじめな姿勢の彼女からは許せないことが世の中に多くあるのではないでしょうか。

 

まとめ

真摯な姿勢で女優という仕事に向かっている岡本玲さん。

頑固で負けず嫌いな性格は彼女の向上のもとになっているんだと思います。

これからもますます女優として磨きをかけ、ドラマや映画で活躍してほしいですね。

陰ながら応援しています!

佐藤二朗の浮気疑惑、真相が判明!高校生諸君、騙されるな…


スポンサードリンク




 - ニュース・話題, 芸能人