腸内フローラ、痩せ菌をサプリで増やして健康になろう!

   

腸内フローラとは?

こんにちは。

今回は最近話題の「腸内フローラ」についてみていきます。

腸内フローラって言葉はよく聞くけど、何なのかよくわからない…

という方も多いのではないでしょうか。

菜の花

腸内フローラとは、小腸から大腸にかけて住んでいる細菌たちのことを言います。

フローラ」というのは英語で「お花畑」という意味です。

顕微鏡で腸を見てみると、細菌は花が沢山咲いているように見えることからこの名前が付けられました。

 

細菌と聞くとなんだか悪い印象を受けますが、大きく分けて3種類があります。

それぞれ善玉菌・悪玉菌・日和見菌と呼ばれています。

基本的には善玉菌が多いか悪玉菌が多いかで体調がよくなったり悪くなったりします。

 

いわゆる「痩せ菌」と呼ばれているのは善玉菌で全体の20%を占めています。

この善玉菌は「有用菌」とも呼ばれていますね。

(日和見菌は優勢な方に加勢をするというなんだか調子の良い存在ですが7割はコイツです。)

 

このような腸内フローラのバランスを「腸内環境」と呼んでいるんですね。

こちらもよく聞く言葉ではないでしょうか。

 

さて、腸内フローラのイメージがつかんでもらえたところで、次に腸内環境が崩れたらどうなるのか

また、腸内フローラの状態を整える方法サプリはどれがおすすめかについても見ていきます。


スポンサードリンク




腸内環境が崩れたらどうなるの?

腸内フローラの理想的なバランスは

善玉菌・悪玉菌・日和見菌=2:1:7

と言われています。

この比率が崩れてしまうと、悪玉菌が増えてしまい有害物質が作り出されます。

有害物質によって便秘や肩こり、老化を引き起こしたり、病気に罹りやすくなってしまいます。

 

また、ダイエットの面で見ても悪影響が出てきます。

悪玉菌が増え、善玉菌が少なくなることで私たちの腸の働きは鈍くなります。

すると、消化や吸収がうまく行われずに代謝はさがってしまいます。

余分に栄養を吸収してしまうことにもなり、肥満体型に近づきやすくなってしまいまうのです。

 

腸内フローラのバランスを整えることで、病気や体の不調をおさえることができます。

また、体が健康で代謝もよければ痩せやすくなるということですね。

そのためには善玉菌=痩せ菌を増やしていくことが必要です。

 

では、一体どうすれば腸内フローラを整え、痩せ菌を増やすことができるのでしょうか。

詳しく考察していきましょう。

 

腸内フローラを整える方法は?

fcfou_syutoukuresonpasuta-thumb-autox1600-16969

腸内環境を整えるには「食べ物」が重要です。

どのような食べ物が効果的で、どんなものはダメなのかよく知っておきましょう。

 

①ヨーグルトを食べる。

よく言われている通り、ヨーグルトを食べるのも効果的です。

ヨーグルトに含まれるビフィズス菌乳酸菌は腸内環境を整えてくれます。

 

腸の活動を活発にすることで便秘などの改善が見込めますし、悪玉菌の増殖を抑えてくれるんです。

乳酸菌は腸で乳酸や酢酸を作り出し、腸内を酸性にすることで悪玉菌は増えにくくなるのです。

 

また、私たちが寝る1時間前ほどにヨーグルトを食べておくと効果的と言われています。

寝ているときは私たちの腸の動きは活発になります。

ヨーグルトを食べることで腸の動きがさらに活発化し、余分な脂肪をたまりにくくしてくれるんです。

 

②水溶性食物繊維を摂る。

「水溶性食物繊維」と聞くとなんだかいかめしい名前ですが、皆さんがよく知っている食物繊維の一種です。

水溶性食物繊維が多く含まれている食材は、

ごぼう・アボカド・納豆・オクラ・モロヘイヤ・キノコ・海藻

などが挙げられます。

 

よく「ねばねばしたものが体にいい」と言われていますが、この水溶性食物繊維が多く含まれているからです。

これらのものは、他の食べ物の消化・吸収時に働き、余計なものの吸収を防ぐので、体に脂肪がつきにくくなります。

 

また、それだけではなく腸内の善玉菌を活性化させる働きがあります。

水溶性食物繊維やオリゴ糖は善玉菌の「エサ」になるのです。

善玉菌が増えることで腸内環境を整えることもでき、ダイエットにはうってつけの食品ですね。

 

③ジャンクフードや人工甘味料は控える。

現代生活では欠かすことができないのがジャンクフードや人工甘味料。

確かにハンバーガーなどは安くて手軽ですし、市販のジュースもとてもおいしいですよね。

しかし、これらの食品は腸内細菌を殺してしまうのです。

 

せっかくいいバランスで保たれていた腸内環境もこれらの食品の摂りすぎで一気に荒れてしまいます。

ジュースやジャンクフードを食べると太るというのは、そのカロリーだけでなく腸内フローラも関係しているのです。

 

たまにならいいかもしれませんが、食べすぎは要注意。

できるだけ控えるようにしましょうね。


スポンサードリンク




おすすめのサプリは?

さて、ここを読んできたあなたは、

「えっ…意外と面倒くさい…」

「なんかもっと手っ取り早い方法はないの?」

と思ったかもしれません。

実際、これらの食品を毎日食べたりするのは難しいですよね。

 

その悩みを解決するために今では多くのサプリメントが開発されています。

一体、どんなものがあるのか詳しく見ていきましょう。

(画像クリックで商品の詳しいページが見れます。)

 

・「ヘルスエイドビフィーナS

森下仁丹が開発した人気商品。

「ハイパープロテクトカプセル」という独自の構造で生きたまま腸内にビフィズス菌を届けます。

機能性食品の表示もされており、信頼できる商品です。

アマゾンの評価は星4つ

多くの方が「便通がよくなった!」と実感していますね。

腸内環境をしっかり整えてくれ、ダイエットにも効果があると思います。

 

・「乳酸菌革命

名前のインパクトがすごいこちらの商品。

乳酸菌を謳うサプリメントの中で最も多い種類の乳酸菌を含んでいます。

もちろん、こちらの商品も生きたまま乳酸菌を腸内に届けてくれます。

このメーカーは「世界発明EXPO」の最高賞も受賞したことがあり、非常に実績があります。

この商品も効果は抜群にあると思いますよ!

(アマゾンではレビューがありませんでした…)

 

・「乳酸菌EC-12

この商品は他のものと比べて乳酸菌の数が一番多いです。

全国で1400万袋も売れているので、効果はお墨付きです。

ミルクオリゴ糖も配合されており、善玉菌が増えやすいサプリになっています。

コチラも胃酸で壊れることなく、腸内まで届いてくれます。

(コチラもレビューはありませんでした…)

 

人によって合う・合わないはありますが、どれも売れている人気商品です。

毎日、食品に気を付けるのはちょっと…と思う方はサプリで腸内環境を整えちゃいましょう!

 

まとめ

腸内フローラを整えるには、特定の食品を食べたり、ジャンクフードや人工甘味料を遠ざける努力が必要です。

しかし、これは実際にやってみるとなかなか大変。

忙しい日々の中では、どうしても三日坊主になってしまいます。

 

そんな時に便利なのが、今回紹介したようなサプリメントです。

もちろん、サプリだけ飲んでいれば何を食べていても大丈夫ということではありませんが、腸内環境を改善し善玉菌を増やしてくれます。

善玉菌という痩せ菌を増やすことでダイエット効果が見込めるのです。

 

みなさんも、手軽なサプリメントから腸内フローラの状態を整えて健康な生活を楽しみましょう!

顔コリが痛い人へ。マッサージのやり方、教えます!


スポンサードリンク




 - ライフハック