山岡久乃の養女や子供がヤバイ…遺産相続の真相を調査してみた。

   

山岡久乃の子供って?

こんにちは。

渡る世間は鬼ばかり」で母親としての演技が人気を博していた山岡久乃さん

彼女について調べてみると驚きの事実が判明しました。

 

山岡久乃さんは森塚敏さんと結婚していました。

この森塚さんという方は、山岡さんとともに「劇団青年座」を立ち上げたメンバー。

その後は幸せな結婚生活を続けていましたが、2人の間に子供はいませんでした。

 

しかし、山岡久乃さんは養女をもらっていたという噂があります。

この噂は果たして正しいのか、見ていきましょう。


スポンサードリンク




山岡久乃の養女って誰?

山岡久乃さんの養女は「泰子」さんという方です。

この方は実は山岡さんの実の姪にあたる方なんです。

一体どうして実の姪を養子縁組したのでしょうか。

 

色々と調べてみたのですが、この養子縁組は自分の財産を整理するためだったと思われます。

山岡久乃さんは1990年から主役を務めていた「渡る世間は鬼ばかり」を1998年に降板しています。

もうこのころから自分が病魔に蝕まれているのが分かっていたのだと思います。

 

自分に子供がいない中、遺産の整理を誰に任せようかと考えたときに一番信頼できたのが姪の泰子さんでした。

山岡久乃さんが胆管癌で亡くなったときにも喪主を務めていたのは泰子さんでした。

築地本願寺で行われた葬儀は、「これだけの著名人が集まるのは珍しい」と言われていますね。

 

夫の森塚敏さんとも離婚しており、子供もいなかったので養子縁組をしたんですね…


スポンサードリンク




自分のことは自分で決めていた。

山岡久乃さんは養子縁組だけではなく、自分の身の回りのことは自分で決めていたようです。

 

例えば、ドラマを降板するという意志を監督たちに止められても貫きました。

また、その後も東京にある自分の家を売却し、愛知県豊田市にある老人ホーム「終の棲家」に入る準備を進めていました。

 

年を取るにつれ、些細なことでも不安になったり寂しくなるものですが、山岡さんは最後まで凛としていたのだなと思います。

自分が病気だと自覚しながら、冷静に身の回りの整理をできる人はめったにいないのではないでしょうか。

 

テレビを通してみる彼女も、実生活の彼女も、変わらずに一本筋が通っていたのですね。

 

まとめ

山岡久乃さんには子供がありませんでしたが、養女の泰子さんがいました。

年をとっても凛とした佇まいは変わることなく、自分の始末は自分でつけてしまいました。

彼女にとっては泰子さんが唯一の心許せる相手だったのかもしれませんね。

 

癌に蝕まれていることを自覚しつつも、最後まで自分の人生に向き合った山岡さん。

彼女の「かっこいい」生きざまを、私たちもお手本にしたいですね。

白石美帆急死の真相が判明。結婚したんだよね…?


スポンサードリンク




 - 芸能人