林部智史が紅白落選…あいたいが聞けずに残念な件。

   

林部智史が紅白に落選…

こんにちは。

紅白歌合戦の出場歌手が発表されましたね。

今回の紅白の出場選手は蓋を開けてみると、以外な結果でした。

例えば和田アキ子さんの落選にも驚きましたし、アニメ枠が少ないということも話題になりましたね。

 

しかし、私が一番ショックだったのは「林部智史」さんが紅白に落選したことです。

彼の歌う「あいたい」は非常にいい曲ですし、最近人気に火がついてきている林部智史さんにも声がかかるのではと思っていたのですが、残念でした。

今回は林部智史さんの経歴を紹介し、どうして紅白に出れなかったのかを考察していきたいと思います。


スポンサードリンク





林部智史さんのプロフィール。

林部さんは1988年生まれで現在は28歳、山形県の出身です。

カラオケ番組で100点を連発していたので印象に残っている方も多いかもしれませんね。

 

上京して当初は路上ライブを行っていたそうですが、ESPミュージカルアカデミーに入学。

同校のボーカルコースをトップの成績で卒業しています。

この学校はなんとEXILEのATSUSHIさんも通っていた学校なんです。

 

2016年にはavexからメジャーデビュー。

デビュー曲の「あいたい」は大きな反響を呼び有線リクエストランキングでは1位に輝きました。

また、日本レコード大賞の新人賞も獲得するなど、期待が高まっています。

 

林部さんは特に歌唱力が評価されています。

10月22日に銀座山野楽器本店で行われたイベントでは、3000人もの人が集まりました。

これは21世紀に入ってから最も多い動員数だそうで、林部智史さんの人気が伺えます。

 

林部さんの天性の歌唱力は聞く人に大きな感動を与えていますね。

しかも、彼の非常に謙虚でまっすぐな姿勢はとても好ましく感じました。

 

しかし、今回の紅白には落選。

特別枠での出場が期待されていますが…どうなるのでしょうか。


スポンサードリンク





林部智史さんの紅白落選の理由は?

さて、抜群の歌唱力を誇る林部智史さんですが、どうして紅白に落選したのでしょうか。

まず、デビューしてから一年経っていないからでは?

と思ったのですが、これは特に関係はないようです。

 

というのも、クリス・ハートさんは2013年にメジャーデビューし、同年の紅白歌合戦に出場しています。

松田聖子さんとのデュエットでしたので、印象に残っている方も多いかと思います。

このように前例があるため、デビューの時期は関係ないと思われます。

 

では、一体紅白の選考基準はどうなっているのだろうと気になり調査してみました。

まず、2015年度は

・今年の活躍

・世論の支持

・番組の演出・企画に沿う

ことが紅白出場の条件だと言われていました。

また、ほかにも暴力団との付き合いがないことや不祥事を起こしていないことなども選考基準になるようです。

 

うーん。

どれも林部智史さんは満たしている気がするのですが…

考えられる理由の一つは知名度・注目度の低さでしょうか。

今年デビューし有名になったとはいえ、やはり大御所と比べると林部さんの知名度は低いと言えます。

また、どうしてもカラオケの印象が強く、メジャーデビューしているという印象が弱いのかもしれません。

 

もちろん、林部さんはすばらしい歌手だと思います。

しかし、このような「印象」で紅白の落選も決められているのではないかと思ってしまいます。

 

特別枠は?

では、特別枠での出場はあるのでしょうか。

残念ながら、私はあまりないのではないかと思います。

 

というのも、紅白の特別枠はいわゆる「イロモノ」歌手が出ていることが多いからです。

例えば、今年はピコ太郎さんの出場が特別枠で決まっています。

以前の紅白では小林幸子さんが出場していましたね。

(小林さんの場合は歌唱力も伴っていると思いますが…)

 

こういった見た目のインパクトが強い歌手が特別枠に起用されるように感じますね。

そうなると正統派の林部智史さんは外れてしまうのでは?と感じます。

 

まとめ

今回は林部智史さんと紅白の落選について迫ってみました。

紅白の出場が叶わなくても、2017年にはもっと林部さんの活躍が見られると思います。

一ファンとして彼の活躍を見逃せないですね。

「あいたい」以外の曲も楽しみにしています!


スポンサードリンク





 - ニュース・話題, 芸能人