ロシアの入浴剤死亡事件の原因はなぜ?真相を調査してみた!

   

ロシアで入浴剤を飲み死亡…

ロシアで入浴剤を飲み、49人が亡くなったという事件が発生しました。

問題の液体は、サンザシの香りがついた入浴剤でメタノールが含まれていました。

メタノールはアルコールの一種ですが人体には有毒なもの。

今回はこの入浴剤を57人が飲み、残りの8人も重症だそうです。

一体なぜ入浴剤を飲むということになったのでしょうか。

今回はその原因を考察していきたいと思います。


スポンサードリンク




入浴剤を飲んだ原因は?

最初はメタノールを使って自ら亡くなったのかな?

とも思ったのですが、そういうわけではなさそうです。

問題の入浴剤は一本80円ほどで販売されていたのですが、どうやら酒の代用品として使われていたようです。

 

戦時中は粗悪なアルコールが頻繁に出回っていたという話は聞いたことはありますが、現在でもこのようなことが起こっているとは衝撃的でした。

そんなことしなくても、普通に酒買ったらいいじゃん…と思うかもしれません。

しかし、これほど粗悪なものに走るほどに貧困な人たちがいるのだと思います。

日本で生活していたら信じられないことですが、実際にロシア国内では大きな問題になっているそうです。

 

メドベージェフ首相は、

「化粧品という名目で販売されている粗悪なアルコール製品に対する対策」

を講じると発表しました。

これから業者の取り締まりは行われるでしょうが、本当に問題なのは貧困でしょう。

酒すら買えないという人たちが大勢いるというのがこの問題の根本原因だと思います。

これを解決しなければまた形を変えて問題が表出してくるのではないでしょうか。


スポンサードリンク




ネットの反応は?

ネット上ではどんな反応がなされているのでしょうか。

見てみると、

「なんでメタノール飲むのかわからん…」

「それだけロシアが寒いということなのかな?」

「おそロシア…」

といったコメントを見かけました。

どうやら同様の事件は二年前にもロシア国内で発生しているようで、常に付きまとっている問題なのかもしれません。

 

また、ロシアは非常に寒い地域なので、体を温めるという意味でもアルコールが必要なのかもしれません。

しかし、メタノールとは…

 

まとめ

ロシアのメタノール入り入浴剤で多くの方が亡くなったのは貧困が原因だと思います。

私たちは普段自分の生活が豊かだと思えませんが、こうしてみると幾分マシということがわかります。

というか、こういう基準で生活していることが信じられないですよね…

ロシア政府は貧困問題にどう向き合っていくのでしょうか。

今後の一番の課題だと思います。

モンストCMのサンタ女優は誰?都丸紗也華がセクシーすぎる件! 


スポンサードリンク




おすすめ記事



 - ニュース・話題, 芸能人