紅白歌合戦2016がグダグダだった理由は何?経緯をまとめてみたぞ

   

紅白歌合戦2016はグダグダ…

こんにちは。

みなさんは紅白歌合戦を見たでしょうか?

今年の紅白歌合戦は放送される前から話題になっていましたよね。

和田アキ子さんの落選があったり、ピコ太郎さんの出場が決まったりと色々ありました。

しかし、見ていた方はわかると思いますが、今回の紅白はかなりのグダグダに。

そうしてこうなったのかその原因や経緯を追ってみたいと思います。


スポンサードリンク




紅白歌合戦2016は何があったの?

まずは何が起こっていたのかを見てみましょう。

視聴者の方が疑問に思っていたのは以下のことのようです。

・「ピコ太郎の新曲がすぐにカット」

・「シン・ゴジラとのコラボがぐだぐだ」

・「タモリとマツコの意味不明な寸劇」

というものが挙げられていました。

 

まずは、ピコ太郎さんについてですが、これは嵐の二宮さんとピコ太郎さんがコラボするときに起こりました。

ピコ太郎さんが新曲を披露しようとするとすぐに時間切れ

NHKニュースに切り替わってしまうという事態が発生しました。

 

シン・ゴジラについては、ゴジラを歌の力で氷漬けにしようというもの。

しかし、進行がうまくかみ合わずぐだぐだになっていました。

これはかなり大掛かりなものだったので非常にもったいないですね。

 

また、マツコ・デラックスさんとタモリさんが会場に入れない一般客という形で寸劇をたびたび披露。

しかし、歌番組なのに何をしたいのか不明でしたね。

 

このようなことから、紅白歌合戦2016はグダグダになったと言われていました。


スポンサードリンク




どうして紅白歌合戦がグダグダになったの?

なぜ紅白がぐだぐだになってしまったのかについては2つの理由が挙げられます。

1つは、企画がよくわからなかったというもので、

2つ目は、進行の練習が不十分だったということです。

 

まず、今回の紅白はいわゆる目新しい企画を多く盛り込もうとしました。

しかし、紅白歌合戦はそもそも歌を楽しむための番組。

いくらキャストや準備にお金をかけても、もともとの目的からズレていました。

これでは本末転倒ですよね…

変にひねることなく、純粋に歌を競い楽しむようにすればよかったのにと思いますね。

 

また、進行のグダグダ加減もひどかったです。

司会は相葉君がやっていたのですが、ピコ太郎の時もあわただしく切っていましたし、シン・ゴジラの時も有村架純さんと声をそろえることができず、困惑した様子でした。

毎日スケジュールが過密で忙しいのは十分にわかるのですが、それにしてももう少し進行をうまくやってほしかったなと思います。

これはさすがに練習不足だったのではないでしょうか…?

 

この二つのことが原因で紅白歌合戦2016はグダグダ感がすごかったのだと思います。

 

今回のひとこと。

新しいことに挑戦するのはよいのですが、紅白歌合戦は歌番組ということを忘れてはいけないと思います。

来年はもっとスムーズに、わかりやすい内容を届けてほしいと思います。

スマスマ最終回の中居の手や涙の意味は?指のカウントは何なのか


スポンサードリンク




 - ニュース・話題