三浦朱門の死因が判明!認知症も患っていたのか…

   

作家の三浦朱門さんが亡くなる…

こんにちは。

作家の三浦朱門さんが亡くなっていたことが判明しました。

三浦さんと言えば、「箱庭」が有名ですが、そのほかにも多くの作品を世に送り出しています。

いったいどうして三浦朱門さんが亡くなったのでしょうか。

その死因や彼が認知症を患っていたという噂の真偽について詳しく見ていきたいと思います。


スポンサードリンク





三浦朱門の死因は何?

三浦さんの死因について調べてみると、「間質性肺炎」というものにあたるそうです。

肺炎と言えば高齢者の方が亡くなる原因としてよく知られていますが、この間質性肺炎とはなんなのでしょうか。

調べてみると、「間質」というのは肺の中でも肺胞と毛細血管を取り囲む部分のことを指すそうです。

通常の肺炎は気管支や肺胞腔内にできるのですが、この肺炎は発症部位が異なるのですね。

 

症状としては、息苦しさが挙げられます。

炎症によって肺が固くなってしまい、空気の交換がスムーズに行かなくなってしまうのです。

このため、この病気に罹ると呼吸困難になったり空せきがでるという症状がみられます。

日常生活に支障が出るまでには数年間を要するということですので、三浦朱門さんの場合は数年前からこの病気に感染していたのではないでしょうか。

感染にはさまざまな原因が考えられ、なかには原因がわからないものもあるそうなので恐ろしい病気ですね。


スポンサードリンク





三浦朱門は認知症だった?

三浦さんは2015年の春ごろから様々な機能障害を起こしていたようです。

当初は元気そうにしていたようですが、2015年の秋ごろからは急速に衰えが進んでしまいました。

妻の曽野さんは当時の様子を語っていました。

妻として、夫の三浦さんを献身的に自宅で介護していたようです。

 

軽口も叩けていた三浦さんですが、どんどん寡黙になっていったといいます。

このころが認知症の初期症状のあらわれだったと語られていることから、2015年の秋ごろからすでに認知症にもかかっていたようですね。

様々な機能障害とありますが、この中に間質性肺炎も入っていたのではないでしょうか。

 

作家として名を馳せた三浦朱門さん。

自分の能力が衰えていくことに対して、人一倍苦しい思いをしたかもしれませんね…

 

ネットの反応は?

三浦さんの訃報に皆さんはどう感じたのでしょうか。

ネットの反応を見てみましょう。

・マジか…

・どんどん亡くなっていくな

・ご冥福をお祈りいたします。

・この人の主張にはあまり賛同できなかったな…

このような感想が見受けられました。

三浦さんの死を悼む声も多く見受けられましたが、彼の作風にたいして批判的なつぶやきをしている人も多いですね。

しかし、批判を招くということはそれだけ独特な作家だったということ。

そのような方が亡くなってしまうのは残念ですね。

 

まとめ

今回は三浦朱門さんの死因や認知症の噂を検証しました。

どんどん人が亡くなっていくのは避けれられませんが、悲しいことです。

こうして見ている私たちもいつかは…と考えるとぞくっとするものがありますね。

三浦さんのご冥福をお祈りいたします。


スポンサードリンク





 - ニュース・話題