高校生のダイエットは短期間で可能?男子も女子も必見だよ!

   

高校生でも痩せたい…

こんにちは。

痩せたい」という悩みは、多くの方が抱えていますよね。

現代は飽食の時代と言われますが、それと同時に栄養を摂りすぎてしまう方も多くいます。

私自身も、昔は肥満の一歩手前ぐらいでした。

 

また、大人だけがこのような悩みを抱えているのかと言えば、そうでもありません。

青春時代を過ごす中学生や高校生も痩せたいという願望を持っています。

痩せて、異性にモテたい…という方も多いのではないでしょうか。

 

今回は、そんな高校生のために、ダイエットを短期間でする方法をまとめてみました。

この記事を読めば、本当の意味で痩せるにはどうすればいいのかということがわかってもらえると思います。

 

男子も女子も、正しいダイエットを身に付けて、習慣化することを目指しましょう!

(高校生目線で記事は書いていますが、それ以外の方も参考にしてくださいね。)

スポンサードリンク




高校生の短期間ダイエットは大丈夫?方法や効果を見てみよう。

高校生でダイエット」と聞くと、「それって大丈夫?危険なんじゃ…」と思う方も多いかもしれません。

確かに過度なダイエットは逆効果ですが、体を絞るというのは非常にいいことだと思います。

年々代謝は落ちてしまいますし、高校生のうちから正しいダイエット方法を学んでおくのも重要です。

 

さて、ではどんな方法が良いのか。

大きく分けて2つの方法があります。

それぞれ、注意点や勧めている理由について詳しく見ていきましょう。

 

①運動をする

やはり、一番最初に上がるのはこの方法ですよね。

運動をすることによって、脂肪を燃焼させてしまおうということです。

こう聞くと、「いやいや、私は運動嫌いなんだけど…」と思う方もあるかもしれません。

 

しかし、例えばサッカーをしろとか、野球をしろなどと言っているわけではないのです。

ここで推奨したいのは、「有酸素運動」と呼ばれているもの。

よく耳にする言葉だと思いますが、これが指しているのは、

・負荷が軽い

・動きがゆっくり

・持続性がある

運動のことだと言われています。

例えば、ジョギングや水泳、サイクリングにウォーキングなどの運動がこれにあたりますね。

高校生のうちは代謝もいいので、より短期間での減量が望めるんです。

 

有酸素運動によって脂肪が燃焼するだけではなく、代謝のアップも望めます。

簡単に言えば、脂肪を燃焼しやすい体になっていくということですね。

個人的にはとりくみやすいウォーキングやジョギングがおすすめです。

ジョギングの頻度と効果の関係が判明!30分でも距離を走れるの? 

時間やペースは無理せずに、まずはできる程度の運動から始めることが重要ですよ。

出来れば毎日続けられるように、習慣化していきましょう。

 

②無駄な間食を無くす

運動の次はやはり「摂取カロリーの制限」が思いつきますよね。

よく聞く「炭水化物や脂質を摂らない」といった減量法もこれにあたると思います。

しかし、高校生のうちから極端に摂取カロリーを減らしてしまうのはオススメできません。

 

まだ、体も未成熟な時期ですし、極端なダイエットは体を蝕んでしまいます。

とくに、女子の場合はご飯をぜんぜん食べない…なんてこともしょっちゅうやっていますが、危険です。

しっかり、三食は食べるようにしましょうね。

 

でも、こう聞くと「それでは痩せられないじゃん…」といった声が聞こえてきそうです。

しかし、本当に気を付けたいのは朝昼晩の三食ではなくて、むしろ間食の時間です。

 

いまでは美味しいおやつがコンビニやスーパーで手軽に手に入りますよね。

チョコレートに、ポテチ、そして炭酸飲料…とどれもおいしいものばかり。

女子も男子もこういったお菓子は大好きなのではないでしょうか。

ですが、こういったものばかり食べているのはダイエットにはよくないのは明白です。

 

とくに高校生のうちは部活帰りに友達とお菓子を食べたり…なんてことはしょっちゅうあります。

絶対に食べるな!」ということは言いませんが、少しは控えるようにしましょう。

まずは、自分がどれだけ間食をしているのかを書き出してみるのもいいですね。

そうしないと、自分が普段どれだけ食べているかということはわからないですからね。

また、間食の量と共に気を付けたいのは、間食をする時間です。

夕食後や、就寝前に何か間食をするのはだめだと言われています。

せっかく、運動をして消費カロリーを増やしても、それ以上に摂取していては痩せることはないですからね。

 

さらに言えば、もう少し先のことを考えて、「お菓子を食べすぎない習慣」を身に付けておくのも重要です。

いまは代謝がよかったり、運動量があったりして太ることが少なくても、10年先はどうでしょうか。

なかなかイメージできないかもしれませんが、代謝や運動量は確実に低下していきます。

 

そのとき、今と同じペースでお菓子を食べていたらどうでしょうか。

…太っていくのは目に見えていますよね。

摂取カロリーが変わらなくても、消費する効率が下がっていくのですから。s

 

しかも、一度身についた習慣はなかなかやめることができません

タバコを吸う人がなかなかやめられないように、お菓子もまたやめられなくなっていくのです。

そうならないように、今から自分の習慣を見直すのがいいのではないでしょうか。

スポンサードリンク




あれっ?簡単に痩せる方法はないの?

ここまで読んできたあなたは、

・「ちょっと待ってよ。短期間で簡単に痩せる方法じゃなかったの?」

・「私が知りたいのは楽をして痩せるダイエット方法なんだけど…」

と感じたかもしれません。

 

しかし、そんなうまい話があったりするのでしょうか。

例えば、「1粒で10キロ痩せられる薬」なんてものがあったらどうでしょうか。

こんなものがあれば、みんな飛びつくことは間違いなしですよね。

 

・デートの前にこれさえ飲んでおけば大丈夫!

・そういったクスリが欲しかったんだよ!

と、男子も女子も思うかもしれませんね。

 

確かに、そういったものがあれば、一時は痩せることができます

しかし、習慣が変わらなければ、何も変わらないのです。

この薬が飲めなくなったらどうでしょうか。

たちまち元の体型に元通りで、恋人には愛想をつかされてしまいます。

 

…それは、あなたが本当に望んでいることではないですよね。

「理想の体型を手に入れて、それをキープしたい」

これが本当の願いだと思います。

 

結論を言えば、短期間で魔法のように痩せる方法はありません。

あったとしても、それは体にダメージを与える方法で、一時的なものなのです。

 

なので、私たちが本当に考えるべきは、

短期間で体型を維持する習慣を身に付けること

になるのです。

そのためには、先ほど挙げた①・②の方法が王道です。

つまり、消費カロリーを増やし、余分な摂取カロリーを減らすということです。

そして、それを毎日つづけていき「習慣」にしていくのが一番の近道なのです。

 

確かに最初の数日は大変です。

今までずっと慣れ親しんできた方法をガラッと変えるというのは痛みを伴い、キツイことです。

しかし、習慣化すればあとは楽なもの。

 

毎日、歯磨きをすることに苦痛を感じる人はいないですよね。

むしろ、やらないと気持ち悪くてやっているのではないでしょうか。

そのようなレベルまで、ダイエットも持っていくことを目指しましょう。

 

一度染み付いた習慣はなかなかとれたりしませんから、歳をとって代謝や運動量が落ちても体型をキープすることができます。

しかし、悪い習慣は後になればなるほど落ちにくくなるものです。

短期間で、悪い習慣から抜け出すチャンスは今しかありません

 

あなたにとっては今日が一番若い日です。

やるかやらないか、将来のことも考えて、自分を見つめなおしてみてはどうでしょうか。

 

今回のひとこと。

いかがだったでしょうか。

今回は高校生に知っておいてほしい、本当の意味での短期間ダイエットについての記事でした。

痩せる習慣を身に付けやすいのが今の時期です。

 

長い目でみれば、今のうちに良い習慣を身に付ける努力をするかしないかで、大きく変わってきます。

なんでも努力せずに何かに頼る人は、結局あとで大きな苦労をすることになるのです。

今のうちに、自分の悪い習慣を一つでも減らすようにしましょうね。

高校生のバイトは夜何時までいいの?時間についてチェックだ!

スポンサードリンク




おすすめ記事



 - ライフハック, 高校生