アニメや漫画の名言集!恋愛系の名台詞がカッコいいぞ!

   

アニメや漫画の名言。

こんにちは。

漫画やアニメを見ていると、登場人物がかっこいいことを言ったりしますよね。

現実ではちょっとクサすぎて言えないだろ…と思いながらも、自分でも真似してしまいます。

 

今回はアニメや漫画の名言集、中でも恋愛もののセリフをまとめてみました。

男性も、女性も共感できるもの、勇気をもらえるものを選んだつもりです。

実際に使えるかどうかはともかくとして、かっこいい名台詞から学んでみましょう。

 

・アニメ・漫画の名言集【恋愛編】

・「自分から動かないで手に入る物などありません。恋愛だって攻めあるのみです。」

 『ニセコイ』橘万里花

週刊少年ジャンプで連載されていた「ニセコイ」からのひとこと。

近年、「草食系男子」の増加が叫ばれていますよね。

あまり恋愛に興味を持てず、持っていても自分からガツガツ行くのはみっともないからしない…みたいな。

確かにこの傾向は強いと思いますが、これは男性に限ったことではないと思います。

 

例えば、女性の場合でも合コンに参加しながら「待ち」に徹してしまい、結局なにも得られなかった…

という方が多いようです。

男性も女性も恋愛に対して消極的な姿勢が広がっているのが現代かもしれませんね。

 

「ニセコイ」の万里花はヒロインですが、主人公の気持ちが自分に向いていないことを自覚しています。

それでも、あきらめることなくアプローチを続ける姿勢は、現代の私たちに足りないものではないでしょうか。

 

・「大人の恋に甘い罠はつきものよ」

 『ルパン三世』ラウール・ルパン

つぎはあの有名な「ルパン三世」の名台詞から。

ルパンと言えばギャグ要素が多く、ヒロインの峰不二子に裏切られてもヘラヘラしている…

そんなイメージが強いキャラクターですが、天才的な頭脳を持ち肝も据わっています。

 

恋愛がいつまでも続けばいいのですが、そうではない結末を迎えることもしばしばあります。

「アイツが悪いんだ…」と人のせいにするのは簡単ですが、それでは自分も傷つきます。

たとえ別れても恋愛を楽しめるような人になりたいですよね。

 

ルパンは別のところでは「裏切りは女のアクセサリーのようなもの」とも言っています。

恋には裏切りが付きまとうという恋愛観を身に付けて楽しむのが大人。

そんなことを教えてくれるカッコいい名言だと思います。

 

・「愛にも二通りのものがある。他人に与える愛と自分のための愛だ。」

 『DRAGON QUEST-ダイの大冒険-』ヒュンケル

「ダイの大冒険」から、ヒュンケルの名台詞。

「恋愛」と聞くとなんだか「無条件にいいもの」「素晴らしいもの」といった印象を持ちます。

しかし、本当にそうだと言い切れるでしょうか。

 

私は恋愛は時に形を変えた自己愛に過ぎないのではないか…そう感じます。

相手のことを好きになれば、その人のことが欲しくなります。

そして、ライバルが出てくると相手を蹴落としたり、こころの中で邪魔者扱いしたり…醜い自分が見えてきます。

 

これは本当に相手のことを思いやっているのでしょうか。

相手の幸せを第一に考えることが真実の愛ですが、相手を自分の幸せのために利用していることが多いです。

相手に与える愛を心掛けたいですね。

 

・「やきもちに私の理性は負けたわ…」

 『スヌーピー』ペパーミント・パティ

まさかの「スヌーピー」からの名言。

男勝りで勉強がてんでダメののペパーミントですが、女の子らしい一面も覗かせます。

チャーリー・ブラウンのことが大好きな彼女は可愛らしいですよね。

 

人間は理性的な動物である…とさる哲学者は語ったそうですが、それだけでは恋愛は割り切れません。

「相手のことを好きになるのに理由はいらない」とも言われますが、確かに自分がどうしてあの人のことを好きになったのかはよくわかりませんよね。

「やさしいから好き。」とか「私のことを見てくれるから…」というのも相手のことを好きな理由の一部ではありますが、どうしてその人でなければならなかったのかは説明できません。

 

やきもちを焼くのは止めることはできないですが、それは本当にその人のことが好きだということの現れです。

自分の気持ちに素直に従うことが大事ですね。

 

・「妥協した愛に意味はない。」

 『おそ松さん』カラ松

カラ松の言動はかなり「イタイ」ものなのですが、アニメの声優さんの声がイイからかカッコいい名言として聞こえます。

この発言自体は、クリスマスに一人きりだということに対する強がりですが、学ぶところはあります。

 

大人になるにつれ、私たちは「折り合いをつける」ということを覚えていきます。

子供のころに見ていた夢は叶わないが、それでも生きていかなければいけない。

…そんな方が多いのが実情です。

 

よく、結婚も妥協だということも聞かれます。

しかし、そこは妥協していいのでしょうか。

世間の目を気にして、手に入れたかりそめの幸せはすぐに崩れてしまいます。

離婚が起こるのも、「やっぱり何か違うな…」というスレ違いが生じるからではないでしょうか。

 

自分が妥協できないものは何なのか、よくよく見つめていきたいですね。

スポンサーリンク




・アニメ・漫画の名言集【失恋編】

恋愛には残念ながら失恋も付き物です。

少し、失恋に関する漫画やアニメの名台詞についても見ておきましょう。

・「近くにいるのに気持ち届かないの、結構つらいよ。」

・「それでも近くにいたいというのは、わがままなのでしょうか。」

 『スクライド』シェリス・アジャーニ / 桐生水守

名作のアニメ、スクライドのセリフ。

劉邦を愛する二人の会話は、等身大の恋心を表現していると思います。

同じ組織に所属し劉邦を支えるシェリスと、子供のころから劉邦を追いかけた水守。

 

愛する人に気持ちが届かなくても、せめて近くに居たい。

そんな気持ちはとどめることはできませんよね。

叶わぬ恋でも、願いは尽きないのが人間なんだなと感じます。

 

・「男はフラれて強くなる。それに幸せなんてのは男が求めるもんじゃないのォ。」

 『NARUTO』自来也

伝説の三忍の1人、自来也のカッコいいセリフ。

普段は「オヤジ」というカンジでまったく格好がつかない彼ですが、決めるところはキメます。

 

恋愛が成就するのと、失恋するのとでは後者の方が圧倒的に多いのではないでしょうか。

フラれてしまった時に落ち込むのはいいことですが、いつまでもグジグジしていてはダメ。

そのダメージを自分を強くする糧に変えて、一歩踏み出しましょう。

 

・「世界の半分は女なんだぜ。一人や二人で、うじうじしてたら身がもたねぇぜ?」

 『うみねこのなく頃に』右代官戦人

こちらも、失恋したときに思い出したい台詞。

「運命の相手」がいたとして、その人は待っていれば自分の前に現れてくれるのでしょうか。

私はそんなことはないと思います。

 

相手からフラれたとしても、それはその人が自分の運命の相手ではなかったということが確認できたということ。

だったら、ほかの人にあたっていくしかないですよね。

 

運命の相手を自分で見つけだすまで、当たって砕ける覚悟で行きましょう。

スポンサーリンク




まとめ

今回は漫画やアニメの名言集(恋愛編)を作ってみました。

色んなアニメや漫画の名台詞、かっこいいセリフを集めましたが、考えさせられますよね。

ぜひ、日常生活の中でもこのセリフを思い出してみてください。

きっと、あなたを慰め、背中を押してくれると思いますよ!

漫画でおすすめはコレ!完結済み漫画10選をまとめてみた!

スポンサーリンク




おすすめ記事



 - アニメ, 漫画・ゲーム