ジョギングで筋肉痛に!走り続ける方が回復に効果的ってホント?

      2017/10/17

身体を久しぶりに動かすと、やってくるのは嬉しくもない筋肉痛

朝起きたときから太ももやお尻のあたりが痛くて、普段の行動をするにも何とも言えない痛みを伴います。

特に階段の上り下りなんかはきついですよね…笑

 

ランニングやジョギングで筋肉痛になった場合、走るのを続けた方がいいのでしょうか。

それとも休んだ方が回復するのでしょうか。

 

今回は、正直よく知らない筋肉痛の正しい治し方について詳しく検討していきたいと思います。

併せて予防方法についても紹介しているので、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク




つらい筋肉痛はどうやって治すのがいいの?

筋肉痛になったら、続けて走る方がいいのか、それとも休んで回復を待った方がいいのか迷いますよね。

結論から言うと、ジョギングやランニングの場合は、

・走り続けたほうが回復に効果的

と言われています。

といっても、太ももやお尻に筋肉痛を抱えたままでいつものペースで走るのは難しいと思います。

まずは、ペースを落としてウォーキングをするような感覚で走った方がいいかもしれません。

そのほか、エアロバイクなどの有酸素運動も筋肉痛の改善に役立ちます。

 

でも、なぜ動いていた方が筋肉痛の回復が見込めるのでしょうか。

それは「血行」という観点から説明することができます。

 

筋肉痛というのは、そもそも筋繊維がダメージを受けている状態のことを指します。

この損傷を回復させるためには、筋繊維に必要な栄養や酵素を届けることが必要です。

栄養や酵素は血液に乗って、全身に届くので血流を改善することが筋肉痛の回復にも効果的なんです。

 

この観点から言うと、動かずにいるのは血行が悪くなり逆効果。

また、運動を休んでしまうと「サボり癖」がついてしまい、自分の計画を実現できないことにもつながりかねません。

どうしても痛みは感じますが、運動を休まずに続けた方がいいということですね。

ランニング効果は「ある期間やらないとダメ」って知ってた?

スポンサーリンク




筋肉痛を予防するにはどうすればいい?

そもそも、つらい筋肉痛になりたいという人はいませんよね。

ランニングやジョギングにおける筋肉痛をどうにかして予防することはできないのでしょうか。

筋肉痛を予防する代表的な方法は、

・アイシング

・ストレッチ

が挙げられています。

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

 

①アイシング

アイシングはその名の通り、運動し熱を持った部位を冷ますことを指します。

熱のほかにも、痛みやハリなどを取り除く効果が期待できますね。

 

やり方としては、熱を持った部位に氷水やシャワーの冷水を当てる方法がおすすめです。

ケガをした場合でなければ、短時間の冷却でも大丈夫です。

少し面倒ですが、走り終わったらすぐに冷やすようにしましょう。

 

②ストレッチ

ランニング後のストレッチも、筋肉痛の予防に効果があります。

アキレス腱を伸ばすストレッチや、腿の筋肉を伸ばすものを行っておきましょう。

 

こういった「特定の部位のみを動かすストレッチ」は静的ストレッチと呼ばれています。

身体を温める効果は低いですが、クールダウンと供に行えば血流をよくすることができます。

疲労物質を流すことにもつながるので、ぜひ行うようにしてくださいね。

ランニング時の膝の痛みに効くストレッチ方法4選!ぜひ試してみて!

 

上記のアイシングやストレッチ以外にも、「下り坂を走らない」というのも筋肉痛を予防につながるとされています。

下り坂を走っているときには、筋肉が伸びた状態のまま負荷がかかっています。

このような状態では一番、筋肉がダメージを受けているんですね。

もし普段走っているコースに下り坂が多ければ、走る道を変えたほうが賢明かもしれません。

 

まとめ

今回はジョギングやランニングでの筋肉痛は走り続けたほうが回復するのかということについて検討してきました。

血流をよくするにも、筋肉痛でも運動をつづけたほうが良いです。

 

また、筋肉痛を予防するためにも、走った後にアイシングやストレッチを行うように心がけましょう。

ちょっと面倒に感じるかもしれませんが、数日間筋肉痛に悩まされるよりだいぶマシですからね。

スポンサーリンク




おすすめ記事



 - ジョギング, ランニング, ランニングの悩み, 初心者向け情報