ジョギングで体重が増えた?変化の原因は食事にあった!

   

ジョギングしてたら体重が増加した…

ダイエットのためにジョギングやランニングに取り組む方は多いですよね。

身体を動かして汗を流し、手軽に始められる運動ということで人気があります。

ですが、

・いくら走っても痩せない…

・ジョギングしているのに体重が増えた

といった悩みを抱えている方も多いようです。

 

これは一体どういうことなのか。

ほとんどの場合、原因は食事にあると言われていますが本当なのか。

今回は、ジョギングやランニングの体重変化の謎に迫っていきましょう。

スポンサーリンク




体重が増えたのは筋肉がついたからでしょ?

ジョギングをして体重が増えると聞くと、まず思いついたのは、

・脂肪が筋肉に変わったのでは?

ということでした。

筋肉の方が脂肪より比重が重いですから、運動によって筋肉量が増加すれば当然体重が増加します。

 

実際、ジョギングやランニングをすれば筋肉は増加します。

なので、走り始めたころはむしろ体重が増加していくと言っている方もいますね。

 

身体は以前よりも引き締まり、メリハリのある体型を手に入れることができるというのはその通りです。

しかし、検討してみるとこれが「体重が増えた」という原因であることは少ないようです。

 

体重が増える原因はあなたの食生活にある?

ジョギングによって体重が増えてしまうという場合、多くが「食事」に原因があると言えます。

そこまで筋肉がついておらず、体重が増加していると感じている場合はこのケースに当てはまるでしょう。

 

単純に、運動をするとお腹が減りますよね。

「今日はいっぱい走ったから、少しぐらい多めに食べないと!」

「気づいたら、炊飯器が空になっていた…」

という風に、意識的にしろ無意識にしろ、運動後は食事量が多くなっていることが多いです。

ですが、これでは体重は減少するどころかドンドン増えてしまいます。

 

これにはジョギングやランニングによる消費カロリーが意外と少ないという事実が関係していると思われます。

例えば、30分間のジョギングをしても240㎉ほどしか消費できないと言われています。

ちなみにご飯一杯で240㎉もあります。

 

恐ろしいことに運動してご飯を余分に一杯食べるだけで、カロリー的には相殺されてしまうんですね。

余計に食事をしていないか、自分の行動をしっかりチェックするようにしましょう。

スポンサーリンク




また、運動後の「飲み物」にも気を付けてください。

思いっきり走って汗を流したあとは、シュワッとしたジュースを飲みたくなりますよね。

ですが、炭酸飲料水やその他の清涼飲料水には大量の砂糖が含まれています。

 

例えば、サイダーは500mlを飲めば、200㎉を超えてしまいます。

ついつい誘惑に負けて手を出しがちですが、ダイエットしたいなら甘い飲み物はできるだけ控えましょう。

 

ジョギングって本当に効果あるの?

ここまで読んでくると、

・ジョギングしているだけで本当に痩せることができるの?

と疑問に思う方も多いかもしれません。

 

正直、本気でダイエットしたいと思うなら同時に食事制限をするべきです。

また、それと同時に大切になるのは「継続力」だと思います。

 

ジョギングやランニングによるダイエットは、即効性があるというものではありません。

イメージとしては、徐々に太りにくい身体に改造していくと捉えたほうがいいでしょう。

 

走りつづけることで、あなたの体は脂肪を燃焼しやすくなります。

脂肪が燃焼されれば、筋肉量も増え、引き締まった体を実現することになります。

 

しかし、そこまでランニングやジョギングの効果が出るまでにはだいぶ時間がかかります。

諦めることなく、自分はどんな風になりたいかを常に確認しながら取り組んでいきましょう。

ランニング効果は「ある期間やらないとダメ」って知ってた?

まとめ

今回は、ジョギングによる体重増加の原因を検討してきました。

多くの場合が、「食事」に問題を抱えているためにむしろ体重が増えてしまうということになっています。

 

自分の食生活は大丈夫か、今一度確認し、継続して走っていきましょう。

こちらでも詳しくご紹介しています。

ジョギングダイエットで痩せないあなたへ!5つの原因って知ってる?

スポンサーリンク




おすすめ記事



 - ジョギング, ランニング, ランニングの悩み, 初心者向け情報, 女性向け記事