早朝ジョギングの効果がスゴイ!30分で気分も爽快になるってホント?

      2017/10/17

一日の中でも、最も時間が貴重だと感じるのはやはり朝。

仕事や学校、育児に追われていると、少しでも寝ていたいという気分になります。

また、準備もしなければならないですし、何かとあわただしいのが朝の時間帯ですね。

 

ですが、頑張って少し早起きすることで、朝の時間を有効に使うだけではなく、一日を充実させたものにすることもできます。

30分のランニングやジョギングでシャキッとでき、気分も晴れやかです。

さっそく早朝ジョギングのメリットや効果について、詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク




早朝ジョギングのメリットや効果がスゴイ。

「わざわざ朝から走らなくても…」

そんな声も聞こえてきそうですが、朝のジョギングには大きなメリットがあります。

どんな効果があるのか分からないと、人間なかなかやる気が出ませんよね。

 

そこで、早朝ジョギング・ランニングのメリットを3つの観点からまとめてみました。

どんな効果があるのか、詳しく見ていきましょう。

効果①:ダイエット効果

ランニングをする方の大半は、ダイエットを目指してのことだと思います。

当然、朝のジョギングでもカロリーは消費され、やせることが期待できます。

 

ですが、多くの方がこの効果を勘違いしているように思います。

例えば、「朝は脂肪が燃焼しやすい」ということがよく言われたりします。

確かに朝の時間帯は糖質が少なく、脂肪が燃焼しやすいと言えます。

 

しかし、私たちの体には、この糖質と脂肪のバランスを一定に保つ働きがあり、トータルで見るとそこまで大差ないと言われています。

「ダイエット効果」に絞って言うのなら、夜走っても朝走っても効果は変わりません

 

もちろん、走れば走っただけカロリー消費しますので、ダイエットにはつながります。

オススメは30分程度のジョギングです。

20分以上継続して走ることで、脂肪が燃焼されやすくなり、ダイエット効果のアップが期待できます。

痩せたい方は継続的に走るようにしましょう。

スポンサーリンク




効果②:生活のリズムを整える

朝にジョギングをしていると、日々の生活が規則正しいものになります。

走る時間をしっかりと確保するためには、てきぱきとやることを済まさないといけません。

そのため、いつもはダラダラしていたのが、無駄のない行動に変わっていくことが期待できます。

 

やるべきことが決まっていると、人間の行動は律せられます。

そのためには、ジョギングをするということが、毎日の予定の中にしっかりと組み込まれていなければなりません。

朝起きてから、家を出るまでの時間を計算し、ジョギングするにはどの時間を削るべきか、何を何分以内に済ませるかを紙に書きだしましょう。

 

実際に紙に書いて可視化することで、朝の時間のムダが見えてきます。

ジョギングやランニングを中心に、規則正しい生活を構築していきましょう。

 

効果③:脳の活性化につながる

朝はどうしてもボーっとしがちな時間帯。

学校や会社にいって、机に座ってもどうしてもスッキリしないときもありますよね。

 

朝から走ると、脳が活性化し、仕事や勉強の効率もアップすると言われています。

運動をすると、ドーパミンなどの神経伝達物質が出て脳に良い影響を及ぼします。

確かに、運動をすると何とも言えない爽快な気持ちになりますよね。

 

走り過ぎは疲れてしまい逆効果ですが、適度な運動はあなたの身体を目覚めさせてくれるのです。

 

朝ランニングの注意点。

メリットが大きな朝のジョギングですが、気をつけなければいけないこともあります。

それは、

・いきなり激しい運動はしない

・水分補給をする

・軽く食べてから走る

という3つのことです。

 

まず、朝起きてすぐは体が十分に目覚めていません。

そんな状態で30分も走ると、ケガにつながる可能性もあります。

ジョギングを始める前に、ストレッチをしっかりと行い、身体をならしておきましょう。

 

また、朝起きたばかりでは身体の中はカラカラで、血糖値が低い状態です。

この状態で走ってしまうと、あなたの体にとって逆効果になってしまいます。

朝起きたら走る前に水を飲んだり、軽食をとるようにしましょうね。

朝ランニングの注意点や危険性は?3つのことを知っておいて!

まとめ

今回は早朝ジョギングの効果について詳しく見てきました。

思ったよりメリットが副次的なものに感じたかもしれませんが、朝の運動は心身共に良い影響を与えてくれます。

 

いきなりジョギングはちょっと…という方は、ペースを落としたりスロージョギングに挑戦するのもいいと思います。

スロージョギングのやり方をチェック!速度はどれくらいで走ればいい?

自分に合わせた運動で、朝から充実した生活を実現させましょう。

スポンサーリンク




おすすめ記事



 - ジョギング, ランニング, ランニング効果