ランニングの雨対策はこれでOK!風邪も予防して元気に走ろう!

   

こんにちは。「BR」のユウです。

今回のテーマは「ランニングの雨対策はこれでOK!風邪も予防して元気に走ろう!」です。

 

ランニングやジョギングは継続することで効果が期待できます。

ですが、外を走るので天候の影響をもろに受けますよね。

特に雨が降っている場合は、「今日はやめておこうかな…」となってしまいます。

 

人間とは不思議なもので、一度中断してしまうとなかなか再開するのが難しいんですよね。

そこで今回は、雨が降っていてもランニングを続けられる対策をご紹介したいと思います。

ぜひ参考にしてくださいね。

雨天時にはランニングはできないの?

雨の日だからと言ってせっかく続けてきたランニングを中断してしまうのは、あまり良くないと思います。

自分で決めたことを破ることになり、何かあるたび「まっ、いっか!」と諦める癖がついてしまいます。

特にマンネリ化を感じ始めた時期や、効果がまだ出ていないうちは危険です。

 

小雨なら対策をすればランニングすることは十分可能。

さっそく、その対策を見ていきましょう。

対策①:レインウェア

雨が降っているときには服装に気を付けたいところ。

撥水性・防水性に優れ、体温の低下を防ぐことができるものがベストです。

 

ランニング時の服装として、「ウィンドブレーカー」をオススメしている方がいます。

しかし、ウィンドブレーカーはその名の通り風を防ぐことを目的としたもの。

撥水加工はされていても、小雨にしか対応できません。

 

雨が強くても走るためには、「レインウェア」の方をおすすめします。

こちらは雨に強い設計になっていますし、今ではランニング専用のものもあります。

軽量化がなされ、汗をかいても大丈夫。

 

着心地もよく、運動に最適といえます。

対策②:パンツ

雨天にランニングを行うと、パンツ(ズボン)が水を吸って重くなります。

また、肌にピタッとくっついてきてとても嫌な感覚で走らないといけません。

特に普通のジャージなどを着用しているとこのようなことが起こってしまいます。

 

対策としては、ジャージを穿くのをやめてタイツを着用することや、レインウェアのように撥水性・防水性に優れたものを選ぶことが挙げられます。

普段から短パンにタイツで走っている方は、防水性に優れたものであれば問題ありません。

 

レインウェアは上下セットで販売されているものも多いので、雨の対策を本格的にしたい方は購入するのをお勧めします。

スポンサーリンク




対策③:キャップ

雨の日にはランニングキャップを着用することもおすすめします。

雨天時は目に雨が入り走りにくいですが、キャップを着用することでそれを軽減することができます。

顔を保護できるつば付きのものを選ぶようにしましょう。

 

ランニング用のキャップは、撥水性や通気性に優れたものが多いです。

専用のものはお値段が張りますが、夏の暑い日差しの中でも使用することができます。

本格的に走りたい方は、一つ用意しておくことをお勧めします。

 

キャップではなく、サンバイザーを使っても同じ効果が得られます。

すでにどちらかを購入された方は、持っている方を使用してくださいね。

 

対策④:ポンチョ

雨の日は気温も低下し、防寒対策をしないと風邪を引いてしまいます。

手軽に防水・防寒対策ができるものとしてはランニングポンチョがあります。

ポンチョと聞くと可愛い印象を受けますが、アシックスなどメーカーのロゴが入っているのでカッコいいものも多いです。

 

ベスト型になっており、蒸れることもないので着心地はいいです。

ビニール製の、いわゆる「カッパ」を着て走っている方もいますが、長距離を走っていると蒸れてくるのであまり私は好きではありません。

 

ランニングポンチョはお値段がものすごく安いのも魅力です。

有名メーカーのものも300円ほどで購入することができるので、ぜひ手に入れておきましょう!

 

対策⑤:サングラス

サングラスというと、直射日光から目を守るためにあるのでは?

そう思う方が多いかもしれません。

ですが、雨の日にもサングラスは活躍してくれるんです。

 

これは一般的なものとはことなり、レンズが透明や黄色に近いものが多いのが特徴です。

雨天時の視界をクリアなものにしてくれる優れものです。

 

また、「見た目」にこだわる方にもランニング用サングラスはオススメです。

目の部分が隠れ、カッコイイ雰囲気を演出してくれるアイテムの筆頭だと思います。

 

対策⑥:シューズ

シューズについては特に気を付けたほうが良いと思います。

雨の日のランニングでは、防水性に優れたものを選ぶのが望ましいです。

水を吸うと靴は重くなりますし、なによりグチョグチョして不快感が増します。

 

さらに、靴に水が入るとマメや靴擦れを引き起こす原因になります。

これを避けるためには吸湿性・速乾性に優れた靴下(ランニングソックス)を履くのもおすすめです。

 

また、雨の日で気を付けたいもう一つのポイントは、道が滑りやすいということです。

転倒してケガするのを避けるために、グリップ力が強いものを選ぶようにしましょう。

 

靴下が濡れて嫌だなーと思う方でも、素足に靴を直ばきしない方がよいです。

どうしても靴下を濡らしたくないという方は「ワラーチ」という履物がいいかもしれません。

ワラーチとは、

・メキシコに住むタラウマラ族が履いているサンダルのようなもの

・素足で走る感覚に近く、人間の脚の機能を最大限に活かす

・足が締め付けられることもない

(参照:http://portal.nifty.com/kiji/160912197391_1.htm)

 

というもので、ランナーの間でも知名度が上がってきているものです。

サンダルで走って大丈夫なの?

と心配に思いますが、非常に快適な走りができるんだとか。

自作もできるそうなので、試してみる価値はありますね。

対策⑦:ワセリン

雨を弾き、体温の低下を防ぐためにはワセリンが効果的です。

ランニング前に、腕など雨に直接触れる部分に塗っておけば効果を発揮してくれます。

寒い中では体力を奪われがちですが、ワセリンによって保温することができます。

 

白色ワセリンと黄色ワセリンがあり、白の方が純度が高いものです。

ランニング時に使用するのならどちらでも構わないと思いますが、肌が敏感な方は控えたほうがいいかもしれません。

 

ウェアにつくと洗濯しても落ちにくいですが、その場合はあらかじめ50度~60度ほどのお湯につけることで、ワセリンが落ちます。

洗濯に悩んでいる方は試してみてくださいね。

スポンサーリンク




雨が降っているときの注意点を再確認。

今まで見てきたような対策をきちんとすれば、雨天時でも十分にランニングを楽しむことができます。

ですが、雨が降っているときには他にも注意したいことがあります。

それは、

・周囲に気を付ける

・身体を温める

・無理はしない

ということです。

 

まず、雨天時はサングラスやキャップをつけても視界は悪くなります。

人が多いところを走るときには特に注意が必要で、相手と接触しないように十分な距離をとりましょう。

自分から見えていても、相手から認識されていない場合もありますからね。

 

また、ランニング後はすぐに濡れた服を着替え、身体を冷やさないようにすることが大事です。

走っている最中は、体温が上昇していますが、走るのを止めると一気に低下してしまいます。

家に帰ったらすぐに濡れたウェアを着替えましょう。

 

可能ならお風呂に浸かったり、シャワーを浴びたほうがいいですね。

風邪をひかないためにも、ランニング後に体を冷やさないようにしましょう。

 

更に気を付けたいのは、雨の日は無理をしないということです。

継続的にランニングをするのはいいのですが、雨風が余りにも強い時には走るのを控えましょう。

怪我や事故に巻き込まれたら大変ですからね。

 

以上、当たり前と言えば当たり前のことですが、もう一度確認してランニングを楽しみましょう。

今回のひとこと。

今回はランニングの雨対策について詳しくご紹介しました。

小雨程度なら、服装やアイテムに気をつければ快適に走ることができます。

雨の日は滑りやすく、視界も悪くなるので走るときは十分に注意してくださいね。

スポンサーリンク




おすすめ記事



 - ジョギング, ランニング, ランニングの悩み, 初心者向け情報