ランニングタイツの履き方は大丈夫?短パンは重ね着すべき!

   

こんにちは。「BR」のユウです。

今回のテーマは「ランニングタイツの履き方は大丈夫?短パンは重ね着すべき!」ということです。

 

今日では多くのランナーがランニングタイツ、いわゆる機能性タイツを着用して走っていますね。

スマートなカンジでカッコいいですし、防寒やUVカット、ケガの防止など様々な効果があります。

ランニングタイツは効果ナシ?デメリットの噂は本当か検証!

 

ですが、このタイツの履き方については結構多くの方が戸惑っているのではないでしょうか。

どうやって履くのが正解なのか、重ね着するべきなのか、それともタイツ1枚で走るべきなのか…

色んな意見があって、初心者の方は迷ってしまうと思います。

 

私がおすすめするランニングタイツの履き方は、「重ね着をする」というものです。

今回はオススメの理由やほかの流派の意見も含めて、考察をしました。

ぜひ、参考にしてくださいね。

ランニングタイツの正しい履き方って?

まずは、タイツ自体の正しい履き方を知っておきましょう。

ランニングタイツは破れやすいという特徴があります。

きちんとした履き方を知らないと、使い物にならなくなってしまうんですね。

 

履き方の手順としては、

①椅子や床に座る

②タイツを足先に丸めておく

③膝までタイツを上げていく

④腰までタイツを上げる

といった手順に分けることができます。

 

まず、タイツを履く際に立った状態ではうまく履くことができません。

ランニングタイツは非常にぴっちりしているので、片足ずつではなく両足同時に履いていくのがよいのです。

なので、座った状態で履くようにしましょう。

 

また、タイツは長いので最初に足先の方に丸めておいて、徐々に膝や腰の方に向かって伸ばしていくのがいいです。

この時に注意したいのは、爪を立てないということ。

ひっかくようにして引っ張ると、ビリっといってしまうことがあるので注意してくださいね。

 

これらの点に注意をして、まずは膝まで上げてピッタリとしているか確認。

問題なければ腰までタイツを上げていきましょう。

 

すべて終わった際に、タイツにシワがなく足にぴったりとフィットしていたらOK。

模様が入っているものの場合は、きちんと左右対称になっているか確認しておきましょう。

 

ちなみに、タイツの下に下着を履く派と履かない派で別れていたりしますが、私は履くのをオススメします。

下着は普通のもので大丈夫ですが、できればフィット性が高いものがいいですね。

 

履かない方がフィット感があるという意見もありますが、下着を履かないと擦れてしまうことがあるからです。

これは好みの問題なので、自分にあった方を選べばいいと思いますが…

スポンサーリンク




ランニングタイツに短パンを重ね着した方がいい3つの理由。

さて、無事にタイツがはけたところで問題が発生します。

このまま走った方がいいのか、それとも短パンを重ね着したほうがいいのか…

私としては、「とにかく短パンを履け!」と言いたいです。

 

その理由としては次の3つの理由が挙げられます。

それぞれどんなことなのか、詳しく見ていきましょう。

理由①:日本人の体型に合っている

実は、海外のランナーにとってはタイツ1枚で走るのが一般的になっています。

だから別にタイツのみで走るのが間違っているというわけではないんです。

 

ですが、日本人にとっては問題は別のところにあります。

それは、「ランニングタイツ1枚だけだと体型がモロに出てしまう」ということ。

一般的に言って、海外の方の方がスタイルがいいですよね。

外国人ランナーは脚が長くて、シュッとしている印象を受けます。

 

一方の日本人は、残念ながら脚が短い人が多いですよね…

私も、「あと5㎝足が長かったらモテたのにな…」と日々悩んでいますが、体型を気にしている方も多いでしょう。

こういった方がタイツ1枚で走るのは自殺行為と言えます。

 

そんな方は、タイツの上から短パンやスカートを履くことで体型をごまかした方がいいですよね。

「なんか走るの恥ずかしい!」という方は特に重ね着をするのをオススメします。

ランニング初心者女子のウェアはコレで決まり!オススメを紹介だ!

 

理由②:オシャレが楽しめる

ランニングタイツはシュッとしていてカッコいいんですが、あまり華やかではありません。

大体のものが黒い生地に銀のラインが入っているデザインだと思います。

 

特に女性は、走っているときもオシャレを楽しみたいという方も多いのではないでしょうか。

そんな方はスカートや短パンを重ねることで、一気に華やかな雰囲気を作り出せます。

 

今ではユニクロなどでもカラーバリエーションが豊富な短パンやスカートが購入できますからね。

「まわりの人との違いを出したい!」という方にも重ね着はオススメです。

 

理由③:周りに合わせられる

先ほども書きましたが、海外とは違い日本ではタイツ1枚で走るのは一般的ではありません。

「俺は自分の道を貫くんだぜ!」という強い信念がある方はいいのですが、結構浮くかもしれません。

 

場合によっては、「あいつランニングタイツ1枚で走ってるよ…笑」みたいな風に思われることもあります。

別に服装は個人の自由なのですが、日本の場合は特に「同調圧力」が強く、みんなと違う人は「ヘンな人」とレッテルをはられることが多いですよね。

 

特にこだわりがない方は、周りに合わせておくのが無難だと思います。

スポンサーリンク




まとめ

今回はランニングタイツの正しい履き方や重ね着について詳しく考察してきました。

「自分はタイツ1枚の方が調子がいいんだ!」という方はそのままでいいと思いますが、そうではない方は短パンなどを履くのが無難ですね。

自分に合った重ね着も楽しめますし、おすすめですよ!

スポンサーリンク




おすすめ記事



 - アイテム, ジョギング, スロージョギング, ランニング, ランニングの悩み, 初心者向け情報, 女性向け記事