ジョギングとウォーキングを交互にして効果が上がる3つの理由!

   

こんにちは。「BR」のユウです。

今回のテーマは、「ジョギングとウォーキングを交互にすることで効果が上がるのか」ということです。

いままで運動から離れていると、30分も走るのはきついですよね。

 

若いうちは体力が有り余っていますが、歳をとってくると話は違ってきます。

「よーし。ダイエットのために走るぞ!」と意気込んでも、ヘロヘロになった…なんて方も多いのではないでしょうか。

途中歩いてもいいなら、少しは楽に続けられそうですよね。

 

実際、ジョギングとウォーキングを組み合わせるのは効果的と言えます。

どうしてそのように言えるのか、また、どうやって組み合わせればいいのかをご紹介しましょう。

本当にジョギングとウォーキングを組み合わせるのがいいの?

どうして、ジョギングとウォーキングを組み合わせると効果がアップすると言われているのでしょうか。

まずはその理由を考察していきましょう。

 

消費カロリーという観点から考えると、ウオーキングよりもジョギングをした方がダイエット効果があると言えます。

というのも、消費カロリーというのは単純に考えると

・体重×走った距離

という計算で測ることができます。

 

ジョギングしたほうが走行距離は長くなるので、消費カロリーも当然大きくなりますね。

また、運動の激しさ(運動強度)という基準を使ってカロリーを算出する方法もありますが、そこでもジョギングの方が大きなカロリーを消費しているという結論になります。

 

また、ウォーキングを組み合わせると効果が上がると主張する人の中には、

・20分以上の有酸素運動をすると脂肪燃焼がよくなる

と言っている人がいます。

これは確かにその通りなのですが、ジョギングもウォーキングも有酸素運動なので、どちらをやってもこの点では大差ありません。

交互にするよりも、最初からジョギングをした方が脂肪も燃焼します。

 

ここまで読んでくると、「えっ…じゃあ全部走った方がいいじゃん!」と思いますよね…笑

そう、走れるのなら走った方がいいのは間違いありません。

ただ、初心者の方や運動不足に悩んでいる方は両者を組み合わせた方が効率がいいと言えます。

 

どうして、そんなことが言えるのか。

それは3つの理由があります。次はそれを見ていきましょう。

スポンサーリンク




初心者はウォーキングを取り入れたほうがいい3つの理由。

ここまで見てきた通り、消費カロリーはジョギングの方が多いのは間違いありません。

しかし、次にあげる理由から初心者の方はウォーキングを取り入れたほうがいいと言えます。

 

理由①:そもそも走るのはキツイ

冒頭でも少し触れましたが、いままで運動していない方がいきなり走るのは結構きついことです。

私たちはついつい大きな目標を立ててしまいますが、それが達成されなかったときは逆効果です。

「できなかった…」というマイナスの感情を残すことになるんですね。

 

自分が確実に達成できる目標を立て、達成感を味わうことがモチベーションの維持につながります。

いきなりランニングではなく、ウォーキングから始め、慣れてきたら走るようにするのがいいでしょう。

 

理由②:怪我の防止になる

運動不足のかたに注意してもらいたいのは、走行中の怪我です。

慣れない運動をしていると足がもつれてケガにつながったり、走り過ぎたことで膝や腰を痛めることがあります。

「ダイエット、頑張らないと…」という気持ちはわかりますが、頑張り過ぎもよくありません。

 

怪我をしたら日常の生活に影響が出ることもありますし、そもそもジョギングを続けられません。

続けて運動をするためにも、徐々に体を慣らしていくことが大切です。

 

理由③:習慣化しやすい

走るということはキツイことですし、続けるのもしんどいです。

走り終わった後は爽快ですが、それを継続的にするというのは大変なことです。

「今日はそこまで走る気分ではないんだけど…」という日でも走らないといけません。

 

ジョギングは数か月間続けて効果が実感できる運動です。

ずっと走りっぱなしではなくウォーキングも交互にした方が心理的な抵抗をすくなくできます。

スポンサーリンク




じゃあ、どうやって取り入れればいいの?

では、効果的にジョギングとウォーキングを交互にするにはどうすればいいのでしょうか。

先ほども紹介したように、

・運動の開始20分後から脂肪燃焼が大きくなる

ということを考えると、

・20分のウォーキング+10分のジョギング

を1セットとするのが効果的と言えます。

 

最初に歩いて脂肪燃焼力を上げ、そこで運動強度の高いジョギングをするという形ですね。

「10分も走るのはしんどいんだけど…」という方は5分でもいいです。

徐々に体を慣らし、走る時間を多くとるようにしていきましょう。

 

また、トータルの運動時間は30分は取った方がいいと思います。

この運動を2日に1度くらいのペースで続けていきましょう。

先ほども述べましたが、ジョギングはすぐに効果が出ることは少ないです。

継続的に運動できるように、計画を立てていきましょうね。

 

まとめ

今回はジョギングとウォーキングを交互に組み合わせる方法について考察してきました。

ジョギングをした方が消費カロリーが大きくなりますが、初心者には難しいのも事実。

自分のできる範囲で、ウォーキングを取り入れるのがオススメです。

スポンサーリンク




おすすめ記事



 - ジョギング, ランニング, 初心者向け情報, 女性向け記事