ランニングは食後より食前がダイエットに効く3つの理由!

   

こんにちは。「BR」のユウです。

今回のテーマは「ランニングは食後より食前がダイエットに効果的な3つの理由」です。

ジョギングやランニングを取り入れる場合、時間帯や食事のことが問題になります。

・ご飯を食べずに走った方がいい

・きちんと食べてからランニングすべき!

という風に、意見が割れているところです。

 

私としては、食前に走った方がダイエットには効果的だと思います。

今回は、どうして食べた後より食べる前に走った方がいいのかについて詳しくお伝えしていきます。

食事とダイエットに関する様々な説

結構、多くの方が「食後に走った方が効率的だ!」という主張をされています。

そこで言われている理由をまとめてみると、

・何も食べないと低血糖症を招き、めまいの恐れがある

・夜は食事の時間が遅くなるため、食後に走る

といったものになります。

 

一方、食前に走った方がいいという理由としては、

・食べ物を消化するまで時間がかかるため

・脂肪がエネルギーとして使われやすい

といったものが多くあげられています。

このように見ると、どちらもメリット・デメリットがありますよね。

 

その中で私は、「食前に走ること」をオススメしています。

どうしてそのように言えるのか、3つの観点からご紹介いたします。


スポンサーリンク

食前に走ることがオススメである3つの理由とは?

食事制限と組み合わせやすいから

朝と夜では、食前・食後のどちらで走るかが変わってくると思います。

・朝…食後に走る

・夜…食前に走る

このように言えるのは、朝の低血糖症のリスクが大きいからですね。

何も口にしない状態で走ってしまうと、めまいなどに見舞われ体に悪影響が出る可能性が高いです。

…これはちょっと怖いですよね。

 

反対に、夜は食前に走った方がいいと思います。

夕食は多めに食べてしまいがちでカロリーが気になります。

しかし、しっかりと走った後ならそこまで食欲がわかないことが多いです。

痩せるなら食事にも気を配った方がよく、食べ過ぎを防ぐためにこの方法がオススメです。

 

お腹が空いてしょうがない!」という場合は、軽く食べたり野菜ジュースを飲むなどしてから走ると良いですね。

 

夜ランニングの方が継続しやすいから

朝と夜を比較した場合、夜に走った方が続けやすいと思います。

そして、先ほど説明したように、夜は食前に走った方がいいです。

 

どうして夜に走りやすいのかというと、確実に夜の方が時間が確保しやすいからです。

仕事や学校、子育てなどがあれば朝にランニングをするというのはだいぶ大変なことですよね。

少しでも長く寝ていたいのが本音ですし、毎日早起きするというのもきついです。

 

ランニングダイエットにおいては、「継続すること」が一番大事となります。

継続して運動をするためには、まず時間を確保することが大切です。

この点からも夜、食前に走った方が効果的と言えるでしょう。

ランニング効果は時間帯で違うの?朝と夜どちらがいいか考察!

 

寝るまでに時間を空けたほうがいいから

・ランニングをした後、寝つきが悪い…

という悩みを抱えている方も多いようです。

この原因はいくつも考えられますが、大きな理由の一つとして、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいっていないというものがあげられます。

簡単に言うと、運動後は身体が高ぶっている状態で、落ち着くまでは時間がかかるということですね。

 

大体、落ち着くまでは、運動から2~3時間ほど空けたほうがいいと言われています。

そのためにも、食前に走った方がいいということですね。

また、走り終わったあとはゆっくり湯船に浸かったり、ストレッチをしてリラックスすることで寝つきが良くなります。

 

注意しておきたいこと

ここまで、食前のランニングをオススメしてきましたが、生活スタイルによって食前に走った方がいいという方も多いと思います。

ネットを見てみると多くの方が、

・「食前と食後でダイエット効果に大きな差がでる!」

といったことを主張していますが、カロリー消費の面から言えば大差ありません

 

当たり前のことですが、消費カロリーが大きければ大きいほど、やせていきます。

そして消費カロリーを大きくするには、「適切な運動強度で長時間運動を行う」ことが一番大事となります。

激しい運動なら消費されるカロリーは大きいですが、長い間続けることができないため、効果的とは言えないのです。

なので、30分以上継続できる程度の運動を行った方が効率がいいです。

ジョギングの頻度と効果の関係が判明!30分でも距離を走れるの?

 

このことから、「食前・食後どちらがいいか」という問題は、「それだけ運動時間を確保できるか」というところに帰着します。

今回紹介したように、私のおすすめは「夜、食前にランニングを行う」というものですが、あなたが一番運動時間を確保しやすい時に行うのがベストです。

まずは、自分の生活の中で時間をとれるのはどこかを明確にしておきましょう。

ランニングは食後何分後が効果的?間隔をあけて痩せよう!


スポンサーリンク

今回のひとこと

今回は食前と食後、どちらにランニングを行うのがいいかということを検討してきました。

メリット・デメリットを考えるとオススメは食前のランニングです。

しかし、自分の生活リズムに合った運動をするのがダイエットの近道ということは覚えておいてくださいね。

ジョギングが長続きするコツ5選!ダイエットを成功させよう!


スポンサーリンク

おすすめ記事



 - ジョギング, ランニング, 初心者向け情報