有酸素運動は毎日やるべき?1日おきとの違いについてマジメに考察!

有酸素運動は毎日やるべき?1日おきとの違いについてマジメに考察!

カレンダー

こんにちは。今回のテーマは「有酸素運動は毎日やるべきか、1日おきにすべきか」です。

ダイエットに良いと言われる有酸素運動ですが、どれくらいの頻度がベストなのかあまりよく知られていません。結構、意見も割れていて、よくわからないんですよね…そこで、今回は有酸素運動の適切な頻度について真剣に考察をしてみました。

それぞれのメリットやデメリットについても言及しているので、参考にしてみてくださいね。




有酸素運動の頻度についての基本的な考え方。

有酸素運動とは、簡単に言うと「じわじわと負担をかけた運動を継続的に行うもの」です。代表的な例と言えば、水泳やエアロビクス、ジョギングやウォーキングなどが当てはまりますね。

これらの運動は、20分以上継続することで効果がアップすると言われています。というのも、20分以上有酸素運動をすることで脂肪燃焼効率が上がるからです。

なぜ脂肪燃焼効果が上がるのかと言うと、20分までは糖質が多く消費されていきますがそれを超えると脂質が多く消費されていくからです。ただし、糖質と脂質はトレードオフの関係にあるというわけではありません。糖質が燃焼されているのと同時に、脂質も燃焼されており、この両者がカロリーに関係しているのです。

少し複雑になったのでまとめてみると、以下のようになります。

・運動後20分までは糖質>脂質が燃焼される

・その後は糖質<脂質が消費される

・糖質と脂質は同時に消費されており、両方ともカロリーに関係

ここから導き出せる結論としては、「20分以上の有酸素運動は頻度が高い方が効果を期待できる」ということです。もし同じ運動時間なら、週3回よりも毎日行う方が痩せるということになりますね。やはり毎日運動したほうがいいのでしょうか?

しかし、有酸素運動ダイエットの適切な頻度には別の要因も絡んでくると思います。以下を踏まえて、あなたにとって毎日の方がいいのか、1日おきの方がいいのかを考えてみましょう。

有酸素運動を毎日やるメリットとは?

美人

まず有酸素運動を毎日行うことについて考察してみると、メリットとして挙げられるのは以下の2つです。

・早く結果を出せる

・習慣化しやすい

それぞれ、詳しく説明していきたいと思います。

早く結果を出せる

先ほども確認した通り、高い頻度で有酸素運動を行うことで痩せやすくなるのは間違いありません。ダイエット自体、長期にわたって行うものですが誰でも早く結果を出したいですよね。

また、あまりにも時間がかかると、私たちはせっかくやってきたことでも途中で投げ出してしまいがちです。そうなってしまえば努力も水の泡なので、早めに結果が出るに越したことはありません。

習慣化しやすい

ダイエットにおいて1番重要なのは「習慣化」することだと思います。

例えば、誰から言われなくても毎日必ず歯磨きをしますよね。もし歯磨きをしなければ「なんだか気持ち悪い」と感じると思います。これと同様に、有酸素運動もしなければキモチワルイと思うくらいに日常の一部とすることが大事。そういう風に習慣化することで、継続的な運動が可能となり、ダイエットにつながっていきます。

そして、習慣化するために一番大事なのは「1日もサボらないこと」です。私たちは、1回でもやらないと何かと理由をつけてそのあともサボりがち。運動を習慣化するためにも、毎日継続することは非常に重要なのです。

有酸素運動を毎日行うデメリット

壁の画像

以上が有酸素運動を毎日行うメリットでしたが、デメリットも存在します。それは以下の3つです。

・初心者にはキツイ

・オーバーワークになりやすい

・リバウンドしやすくなる

それぞれどういうことなのか詳しく紹介します。

初心者にはキツイ

実際やってみるとわかるのですが、毎日運動をするのは結構しんどいです。特に、仕事から帰ってきて走ったり、育児の合間を縫ってジムに行ったりというのは大変ですよね。

特に運動をあまりしてこなかった方にとっては体力的にキツイと思います。ランニングをしても次の日は筋肉痛だったりして、なかなか続けて運動できない…なんてこともよくありますね。

無理に毎日頑張ってしまうとケガにもつながりやすいため、初心者の方は自分のできる頻度で有酸素運動を取り入れたほうがいいかもしれません。

ジョギング初心者の距離や時間の目標はどれくらい?>>

オーバーワークになりやすい

運動を継続的に行っているとなりやすいのが「オーバーワーク」という現象です。オーバーワークとは一気に激しい運動をすることで疲労が起こってしまう現象のこと。身体に負担がかかり過ぎてしまい、運動本来の効果を上げることができません。

初心者の方はそこまでの運動はしないかもしれませんが、オーバーワークになってもダイエットからは遠のいてしまいます。適度な頻度で運動を取り入れるということはやはり大切ですね。

リバウンドしやすくなる

毎日急激な運動を続けていると運動を止めたとき一気にリバウンドしてしまうケースもあります。

これは私たちの身体が「急にエネルギーを使っている!緊急事態だ!」と勘違いして脂肪を貯蔵しようとするからです。運動しているときは脂肪を燃焼させることができていますが、やめるとそれが無くなり脂肪だけが増えていくことになります。

無理なダイエットは体に毒ということですね。リバウンドを避けるためにも徐々に運動をしていくことは大事になります。

じゃあ、結局どれくらいの頻度が一番いいの?

考える男性

このようにメリット・デメリットを見てくると適切な運動頻度がよくわからなくなってきますよね…笑

結局自分に合った頻度はどれくらいなのか気になると思います。そこで私がおすすめしているのは、「段階的に運動の頻度を上げていく」という方法です。

具体的に言えば、以下の通りです。

・最初は週に3回程度や1日おき

・慣れてきたら週に4回、5回…と増やしていく

このように徐々に有酸素運動をする回数を増やしていくのが良いと思います。こうすることで、無理なく運動をすることができますし、自分に最適の頻度が見つかることになります。

回数を上げるだけではなく、「やっぱこれはキツイな…」と感じたら、少し減らすということも重要です。有酸素運動は長く続けてはじめて効果が出るもの。継続のためには、自分に最適の頻度を見つけることが大事ですね。

今回のひとこと。

今回は有酸素運動は毎日やるべきか、1日おきがいいのかについての記事でした。脂肪燃焼の観点から言えば毎日行うのがベストですが、最初からそれはしんどいですし続かないこともよくあります。

自分の生活や運動の慣れ具合とのバランスを考え、毎日走れるのか、1日おきなら大丈夫なのかを見極めていくことが大事ですね。

有酸素運動については色んなことが言われていますが、正しい知識を身に付けることも大事だと思います。そうすることで目標を効率よく達成できますよ!

有酸素運動は心拍数が高いと脂肪燃焼しやすいのはウソ?>>

筋肉をつけてキレイに痩せたいなら

引き締まったカラダになる!HMBサプリ人気ランキング>>








   

初心者向け情報カテゴリの最新記事